FC2ブログ

第21回KOBEブッククラブ(読書会)お知らせ

次回KOBEブッククラブのチラシができました。

11月2日(土)に開催します。
テーマは料理

第21回KOBEブッククラブチラシ


テーマに沿った本を1冊持って、遊びにいらしてください。会員でなくても大歓迎です。
「以前紹介された本を読みましたよ」という方もどうぞ! 

テーマ:料理
日時:令和元年11月2日(土) 14:00~
場所:神戸市立婦人会館  あやめ
参加費:100円

☆申込 E-Mail:toshokan-net@live.jp 
   または Fax: 078-997-1981(大西)

★会場の変更等、お知らせする場合があります
お名前、連絡先を明記して、お申込ください。





スポンサーサイト



「変半身(かわりみ)」プレトークイベント

村田沙耶香(小説家)と松井周(劇作家・演出家・俳優)が台湾、日本の島での取材と創作合宿を基に、共同で原案を開発し、小説と舞台をそれぞれに発表するプロジェクト=inseparabule
      (舞台チラシより)
DSC_0007.jpg

DSC_0008.jpg


12月に神戸文化ホールで開催される演劇の原案者であるお二人のプレトークイベントが、神戸市立中央図書館で開かれました。
村田沙耶香さんは「コンビニ人間」で芥川賞を受賞され、その他の作品でも多数の賞を受賞されています。
松井周さんは岸田國士賞を受賞された方です。

中央図書館と文化ホールのコラボ企画とあっては行かないわけにはいきません。
会場は満席で、様々な年齢の方たちが集まっておられました。

小説と舞台をはじめから共同で作っていくというこのプロジェクト。どんなお話が聞けるのか楽しみに出かけました。
村田さんはふんわりとした独特の雰囲気をお持ちのかた。松井さんからはすっきりとした爽やかさを感じました。作品から受ける印象とは少し違うみたい…。
一風変わった内容のお話は、作家さんならではのものかもしれません。どこにもない新しい創作物を生み出す方々はどこまでも個性的です。

中央図書館の新しい試みは大成功でしたね。


神戸文化ホールでの公演については↓
村田沙耶香×松井周 inseparable「変半身(かわりみ)」
  (神戸文化ホール主催公演情報)

DSC_0005.jpg

DSC_0004.jpg


図書館員さんとの交流会(2019年度)

今年もまた図書館員さんとの交流会を開催しました。こうべ子ども文庫連絡会と神戸・図書館ネットワークの共催です。
毎年お忙しい中時間を割いていただいています。本当にありがとうございます。

日時:2019年9月13日(金)10:30~12:00
場所:神戸市立中央図書館研究室

図書館から総務課長、利用サービス課長、総務課担当課長、企画情報係長、子どもサービス担当係長と多分市民サービス係の方(自己紹介がなかったので…間違っていたらごめんなさい)の6名が参加してくださいました。文庫連、図書館ネットからは20名でした。

市立図書館各館でおはなしボランティアをしているグループの活動内容とコメントを一覧にしてお渡ししました。文庫連参加グループが11館のうち7館でおはなし会をしています。どのグループも図書館の職員の皆さんのご支援とご協力をいただいています。ありがとうございます。

図書館員さん自己紹介とお仕事内容の説明
各図書館員さんから、普段のお仕事内容について説明がありました。多岐にわたる複雑な仕事内容です。カウンターでの貸し出し以外に多様なお仕事をしていらっしゃるとは知っているつもりでしたが、改めてお聞きすると「これは大変だ!」と思わずにはいられません。参加者がざわついたほどです。

本当はひとつずつご紹介すべきですが、簡単にご説明いただくだけで優に30分を越えてしまうほど大量で複雑です。
ごく一部を紹介します。

書庫の管理・運営…これがうまくいっていないと一生利用者の手に渡らない本ができてしまう
毎週の選書会議と分類・データ作成…蔵書構成をささえる重要な仕事
学校図書館、学校司書との連携…子どもたちの教育を支援する大切な仕事
図書館計画の策定と評価…神戸市立図書館のあり方に関わる根本的なもの
統計作成と分析…これがないと図書館事業の全容がわからない
新図書館の計画策定…神戸市は現在複数の新図書館計画があります
全館のイベント計画…以前とは比べ物にならないほど各種イベントが増えています
神戸市本庁、市教委との連絡、調整…図書館の存在が大きくなればなるほど神戸市全体との調整が必要

などなど…。いったいお一人でどれだけのお仕事を担っていらっしゃるのか…。私たちが一冊の本を手にとり、楽しいイベントに参加できているのも、職員のみなさんのご尽力があってのことなのですね。

文庫連・図書館ネットから質問
北神図書館について
 4/23の開館から4/30までで、前年比16倍の登録者数
 入館者、貸出数とも現在も前年比2倍超
 見学者多数

新西図書館
 9/10 優先交渉権者決定(代表企業 鹿島リース株式会社)
 令和3年度完成目標

新三宮図書館
 KIITOへの仮移転時期は未定
 令和7年度開館予定
 直営にする考えはないか?
  …直営、指定管理ともにメリット・デメリットがある

垂水図書館
 垂水、西神中央、名谷は人口減少対策の重点地区
 駅前再整備が進捗中であり、図書館についても検討中

返却ポストの場所の選定について
 乗降客の多い駅を選定
 駅前の利便性の高い場所を希望するが、なかなか承諾が得られない
 垂水の返却ポストはラッピング変更予定

安藤忠雄さんが神戸市に寄贈される予定の子ども向け図書館
 10日の報道発表で知り驚いている
 寄贈者のご意向に沿う運営形式をとらなければならないので、図書館法に基づいた図書館にはならないのではないか


図書館から図書館ボランティアに質問
ボランティアのみなさんは図書館の所在地近くに住んでいるのか
  それぞれのグループが回答 
  多くは近くに居住しているが交通機関を利用しているメンバーも




いつもお世話になって感謝している私たちですが、改めて図書館員さんの仕事内容を知り、これまでにも増して感謝の気持ちが大きくなりました。神戸市の図書館と図書館員さんは私たちの誇りです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。




9月例会

千葉県では台風の被害が大きく、大変な日々を過ごされているようです。
一日も早く停電が解消され、多くの方が日常を取りもどされますように。


9月13日(金)中央図書館で例会を行いました。

①当日午前中開催「図書館員さんとの交流会」について

②KOBEブッククラブについて
 11月2日(土)14:00~ 婦人会館「あやめ」にて
 チラシ完成、配布
 ポスターは後日郵送予定

③主催講演会について
 3月14日(土)14:00~ 会場未定
 佐藤翔氏が講師を快諾、講演内容詳細は今後検討

④機関紙について
 30号完成、配布開始
 31号記事打ち合わせ

⑤安藤忠雄さんが神戸に寄贈予定の子ども向け図書館について

8月例会

暑い日が続いています。
台風の様子も気になるところです。

8月9日(金)の例会の報告です。

・図書館員さんとの交流会について
 9月13日(金)10:30~
 中央図書館と打ち合わせ済み(7/2)

・兵庫県社会福祉協議会 ひょうごボランタリープラザからアンケート調査の回答依頼について

・神戸市社会福祉大会について

・日図協セミナーについて
  「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドラインについて」
  参加者より報告

・機関紙について
  執筆者、締め切り日確認

・次回KOBEブッククラブについて
  11月2日(土)14:00~  婦人会館にて
  テーマ「料理」
  チラシ作成、印刷確認

・講演会講師依頼について

 
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク