4月例会ご報告

4月14日は今年度最初の例会でした。
今年は桜が遅く、まだまだきれいに咲いています。

ではご報告を。

1.図友連が総務省・文科省へ提出予定の要望書について
 賛同団体に加わることを決定

2.総会について
 5月12日(金)14:00~ 中央図書館研究室にて
 役員候補決定
 総会資料作成担当者決定

3.今年度主催講演会について
 講師候補者に連絡を取っているがまだお返事はなし
 再度連絡してみる

4.図書館員さんとの交流会について
 8月18日を候補日として図書館と相談

5.神戸市立図書館協議会傍聴報告
 ・満足度調査報告
 ・西図書館の機能拡充
 ・三宮図書館が三宮地区再整備事業対象に
 ・神戸深江生活文化資料館に予約図書受け取りコーナー設置
 ・三田図書館と相互利用開始(北区住民のみ)
 ・返却ポストの廃止
 ・「出版文化における公立図書館の新たな役割」ショートレクシャー
                       など

5.兵庫県立図書館協議会傍聴報告
 耐震改修工事のため28年9月から仮設図書館にてサービス中
 30年3月までの予定であるが、さらに延びる可能性あり

6.KOBEブッククラブ報告

7.機関紙次号について
 原稿執筆者、締め切り日決定





スポンサーサイト

神戸で読書会を楽しみました! 第13回KOBEブッククラブ(読書会)ご報告  

第13回KOBEブッククラブを4月8日(土)に開催しました。

最初にお詫びです
せっかく撮った写真なのに操作ミスで失くしてしまいました! 
美しい絵本もあったのに…。
参加された皆さん、ごめんなさい。
大切なことは鼻歌歌いながらするもんじゃありません…。


気を取り直して・・・
当日参加者は7名。テーマは色 color。紹介された本は次の13冊です。

・楽園のカンヴァス(原田マハ)新潮社
群青(宮本あや子)小学館
色 color(三山桂依・プラープダー・ユン)芸術新聞社
母なる色(志村ふくみ)求龍堂
一色一生(志村ふくみ)求龍堂
日本の色辞典(吉岡幸雄)紫紅社
・青の数学(王城夕紀)新潮文庫
The Rainbow Bridge(Audrey・Wood)VOYAGER BOOKS
・Lady White Snake(Song Nan Zhang)Pan Asian Publications
あきない世傳 金と銀(高田郁)ハルキ文庫
カラーブックス カラー文庫シリーズ 保育社
大江戸の色彩(城一夫) 青幻社
ステラの遺産(バーバラ・ヴァイン)ハヤカワポケットミステリー

前回に引き続き参加の方あり、久しぶりの方ありの楽しい時間でした。
今回もさまざまなジャンルの本が集まりました。
ブッククラブが始まる前に「今日は持って来なかったんだけど、こんな本もあるよね」なんて話も出ました。皆さんも私だったらあの本を持って行くのに…と思っていらっしゃるかも。


アメリカで出版された絵本は、色の使い方が日本のものとはまるで違っています。地域を取り巻く自然の違いや、宗教観からも「色」に対する感じ方は違うようです。海外の状況に詳しい方が参加してくださったことで、「へぇ~」と驚いたり「なるほど」と納得したり…。

「色」を突き詰めると哲学に通じるという話が出たり、昭和の香りがする懐かしい本を手に取ったり、ライトノベルについて語ってみたり。楽しい時間はあっという間に過ぎました。

紹介された本は図書館蔵書検索サイト「カーリル」の図書館ネットのページにある“読みたいリスト”に載せています。そのリストから簡単に神戸市立図書館の蔵書検索サイトに移れて蔵書状況がすぐにわかります。過去のブッククラブでの紹介本は“読んだリスト”に移動しています。こちらもワンクリックで蔵書検索ができます。初めての本、初めての作家に出会うためにもご利用ください。
(申し訳ありませんが、IDおよびログインパスワードは図書館ネット会員のみにお知らせしています)

なお、「群青」はカーリルでは神戸市立図書館に蔵書がないと出ますが、中央・西・東灘・垂水の各館に蔵書があります。
カラーブックスはシリーズのうち370冊余りが神戸市立図書館にあります。

さて、次回は7月1日(土)14:00~の予定です。
テーマはスポーツ
会場は5月初旬に決定します。決まり次第当ブログでお知らせします。
図書館へのチラシ配布は5月中旬ですが、チラシのラックに出してくださるのは6月に入ってからになるかもしれません。
直接図書館ネットにお問い合わせくださっても結構です。

初めての方も大歓迎です。
雑談たっぷりの気軽な会です。皆さんも是非ご参加ください。



参加者感想(一部抜粋しています)

・皆さんさすがの選書でした。
・「次これ読みたい」「これを勉強したい」という思いがわき上がってくる読書会でした。
・いつもながら多種多様な本に出会えました。大満足です。
・本と本がつながっていくことが楽しいです。
・人生が豊かになっていくようで、ポジティブな気分になりました。
・ミステリー、色辞典、時代小説、雨R化の神話の絵本、いろいろな本に出会えて楽しかったです。
・今回はテーマはどちらかと言えば抽象的でしたが”色々”なジャンルの本が紹介され良いテーマだったと思います。



広報KOBE特集「図書館で出合う、お気に入りの一冊」

先日、広報KOBE4月号が市内各戸に配布されました。

CIMG3995.jpg

CIMG3997.jpg


コチラ↓から紙面を読めます!
広報KOBE2017年4月号


今号の特集は図書館
前回図書館が特集されたのは5年前でした。普段図書館を利用しない人たちに図書館の魅力を伝えることができるよい機会になりました。

今回は中央図書館司書のみなさんが、選書の方法、書庫に保存されているコレクション、図書館の便利な利用方法などを紹介されています。図書館には専門の司書さんが必要だということもよく伝わってきます。


また、久元喜造市長が「さらなる充実が必要です」と自筆で寄稿されています。
図書館は「知の殿堂」です。と冒頭に書かれています。
そのとおり! と大きくうなずき先を読みすすめると
これまでとは異なるタイプの図書館サービスの導入も含め、図書館に関する施策の拡充に向け様々なアプローチにより検討を進めます。と締めくくられています。

今後の動きに注目です。


神戸市立図書館があべ弘士氏講演会「地球はどうぶつでいっぱいだ」を開催します

平成29年度子どもの読書週間行事としての開催です。

「あらしのよるに」が有名ですが、私にとっては「ゴリラはごりら」のあべ弘士さん。
旭山動物園の飼育係だったあべ弘士さんが動物園ホールで講演されるんですね。

日時  4月23日(日)13時~15時
場所  動物園ホール(王子動物園東側)
対象  一般、小学生以上の児童 
     無料  定員250人

募集方法
3/22より受け付け順
下記の方法で受付だそうです。詳しくは神戸市立図書館ホームページでご確認ください。

1.FAX送信
2.ハガキ郵送
3.E-mail
4.中央図書館窓口持参


あべ弘士氏講演会「地球はどうぶつでいっぱいだ」を開催します
  (神戸市立HPより)

講演会チラシ

3月例会

3月10日開催の例会の報告です。

次のことを話し合いました。

1.返却ポスト廃止について
 舞子駅、灘駅、谷上駅に設置されている返却ポストが3月31日をもって廃止される
 理由は利用が伸びなかったこと
    利用は伸びているとされていたはずなので、どの程度の利用を見込んでいて、実際の利用がどうだったのか確認の必要あり

2.三田市立図書館との相互利用
 4月1日より北区在住の方に三田市立図書館が貸出サービス開始
 (平成3年12月から芦屋市、西宮市、宝塚市、三田市、三木市、稲美町、明石市と相互貸し出しを行っている)

3.予約図書受け取りコーナー
 現在15カ所になった予約図書受け取りコーナーは市民図書室がほとんど
 市民図書室については以前も調査したことがあるが、来年度改めて学習することとする

4.図書館との協働活動
 企画を提出する方向で検討。実績を重ねてきたKOBEブッククラブを基にできないか

5.大子連公開講座、学図研との交流会報告
 参加者から報告

6.図書館協議会
 神戸市立図書館協議会  3月23日14:00~
 兵庫県立図書館協議会  3月17日14:00~
 傍聴するメンバーを決定


  
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク