FC2ブログ

嶋田学氏講演会「住民参加の図書館づくり」ご報告

10月20日、瀬戸内市民図書(もみわ広場)館長の嶋田学さんをお招きして講演会を開催しました。
東京での全国図書館大会に参加された足で神戸に来ていただきました。お忙しい中を誠にありがとうございました。
また、当日は中央図書館の皆さまは会場設営をしていただき、講演会にも参加してくださいました。大変お世話になりました。

CIMG4250.jpg

神戸での学生時代の思い出を交えながらこれまでの経歴をお話されたのですが、社会人としての経験が図書館でのお仕事にも生かされているようでした。司書になろうとされたきっかけなど、大変楽しくお聞きしました。

豊中市立図書館を皮切りに、滋賀県の数々の図書館で経験を積まれ、瀬戸内市民図書館の整備準備室に入られたのは皆さんもよくご存じだと思います。滋賀県での図書館づくり、地域住民とのかかわりを多くの時間を割いてお話されました。

CIMG4253.jpg

図書館整備では「お金がない」という話がよく聞かれます。嶋田さんは一般会計の1%が図書館費に使われているとその自治体は図書館振興に力を入れているのだとおっしゃいました。本当にお金がないのか、図書館に関心がないのか…。全体の予算規模にも依るとは思いますが、神戸では程遠い数字です。私たち市民から見ると、神戸市は図書館に対してある程度の理解は示していただいていると思っているので、一度しっかりと考えてみる必要がありそうです。

移動図書館からそのキャリアを始められた嶋田さん。瀬戸内市民図書館でも図書館サービスは「せとうちまーる号」から始まりました。(講演前、偶然神戸市の自動車図書館「みどり号」の出発に出会いました。すかざず写真を撮られた嶋田さん。思いの強さを感じました)
時間当たりの貸出数を考えると移動図書館は非効率です。しかし、一冊の本との出会いを考えると、そこには貸出冊数だけでは計れない図書館の価値があるとおっしゃいます。直接利用者のもとに本を届けることで、その人自身が心を開放するきっかけを作る――子どもたち、高齢者の皆さんのエピソードを紹介しながら、図書館が持つ力を教えてくださいました。

ある問題を共通して持っている人々が集まって話し合い、そこに行政も参加して議論する場を提供する図書館。この学びからコミュニティの学び(共有知)にできる図書館。それが地域づくりに役立つ図書館であるという構えを発見したのだとお話されました。
その前提に、この地域で暮らしていくうえで必要なことを考えて行動する人々がいること、その人たちが物事を考えるために図書館に来るのだということを意識しておられるのが素晴らしいと思います。

CIMG4254.jpg

瀬戸内市民図書館のコンセプトは
「もちより・みつけ・わけあう広場」=「も・み・わ・広場」です。
市民の主体性を高め、市民自らが知的欲求に気づく場をつくり、市民の学びを支えるのが図書館の役割だとお話しくださいました。
まず市民がそこにいて、その市民が自ら行動することを支援する。そのきっかけや場を図書館が提供するということでしょう。

その第一歩が「としょかん未来ミーティング」名付けられたワークショップだったのです。ワークショップでのエピソードからは、自分たちがこの図書館をつくっていくのだという意気込みを感じました。固定メンバーではなくフルオープンで行われたことも、開館後も市民に当事者意識を持ってもらうことにつながったようです。
実現しなかった意見が多いにもかかわらず市民からは図書館は自分たちのものだと感じることができたという声が多く上がるそうです。これこそが「私たちの図書館」ということでしょう。

たくさんの具体的なエピソードをここに紹介しきれないのは本当に残念です。今回参加を見送られた皆さんも嶋田さんのお話を聞く機会を持ってみてください。きっとたくさんの発見があると思います。「なぜ本を読むのか」という質問に「自由になるため!」とお答えになった嶋田さん。今後も図書館の理想を追い求めていかれると思います。私たちも私たちの理想を掲げ、当事者意識を持って図書館づくりに関わっていければと思います。

最後に参加者の質問に答える形で神戸へのエールをいただきました。
・神戸には震災を乗り越えた市民のエートスがある。復興のためにさまざまな選択肢が奪われた中で、このエートスが神戸市民を照らす光であり、神戸の未来である。

・行政に意見を届け、政策形成にかかわるためには地域の図書館での活動を粘り強く続ける。たとえとしょかんが歩み寄ってくれなくても声をあげ続けることである。




参加者感想(一部抜粋)
・図書館サービスの提供の先にある「人」をきちんと見ている図書館員さんですね。「犬の写真集」を借りた高齢者の話の中に嶋田氏の温かい資質を垣間見ました。

・「人が図書館に来る」とはどういうことなのかを考えるところから図書館づくりが始まるのですね。

・昔の道具の前で話に花を咲かせていたというエピソードで、神戸の図書館員さんから聞いた戦災資料の展示の前でおじいちゃん同士が話をしていたという話を思い出した。資料を前に人と人が向き合うということ。

・本の分類・保存、補修方法なども聞きたかった。

・図書館がもっと身近に関しました。時間があるときはもっと長い時間図書館にいて、本と対話してみようかと思いました。

・神戸市が新しい図書館をつくろうとしている今タイムリーな演題だと思ったが、一般市民の参加が少なく残念だった。市民の関心の低さなのだろうか。嶋田先生に申し訳ない気持ちでした。

・出会った町の人との心温まるエピソードも大変よかったです。あるおばあさんが「私の生きがいは働くことと、本を読むこと」といった話、「本は読まへん。図書館ができても利用せん!」と言っていたおじいちゃんが「図書館にはこんな本もあるんか…」と図書館を好きになってくれた話など。

・「住民参加の図書館」とは本が借りやすい図書館ではなくて「市民、住民が当事者意識を持って主体的にかかわることができる図書館であると改めて考えました。

・心にささる言葉がたくさんあり、少しでも実施していければと思っております。

・瀬戸内市民図書館にはぜひ行ってみたいと思いました。


スポンサーサイト



嶋田学氏講演会「住民参加の図書館づくり」ご案内

図書館ネット主催講演会 「シリーズ 今、公共図書館を考える」もPart9です。
今回は瀬戸内市民図書館-もみわ広場-の館長である嶋田学さんをお招きすることになりました。
平成28年の開館以来、多くの図書館人、図書館利用者の注目の的になっている図書館です。

平成22年10月に瀬戸内市新図書館整備検討プロジェクトチームが発足しています。長い準備期間をかけて、住民との話し合いを重ねた上でできた図書館だとうかがっています。その準備期間中に何度か嶋田さんのお話を聞く機会がありました。この秋、多くのみなさんと共にお話を聞く機会が持てることを嬉しく思っています。

講演会に先だって、図書館ネットメンバーは9月末に瀬戸内市民図書館を見学する予定です。

講演会
「住民参加の図書館づくり」
講師:嶋田学氏(瀬戸内市民図書館長)
日時:平成30年10月20日(土)
    14:00~16:00
場所:神戸市立中央図書館2号館4階
参加費:無料
定員:40名

チラシ表

チラシ裏

申込方法
住所、氏名、電話番号を明記しE-Mail・FAXにてお申込みください
(お書きいただいた個人情報は、講演会等のお知らせ以外には使用いたしません)
E-Mail:toshokan-net@live.jp
FAX:078-997-1981(大西) 受付時間10:00~20:00

埜納タオ氏講演会「図書館との出会い」ご報告

埜納タオさんの講演会を無事終えることができました。
お忙しい中、私たちの依頼を受けてくださった先生にお礼を申し上げます。
滋賀や京都、和歌山から来てくださった方もありました。ありがとうございました。

日時:2017年9月30日(土)14:00~16:00
会場:兵庫県立生活創造センター
参加人数:44名


埜納さんは「夜明けの図書館」の主人公葵ひなこを落ち着いた感じにしたような、清楚で爽やかな方です。
柔らかな素敵の声で、丁寧に4つのポイントに分けてお話しくださいました。


CIMG4057.jpg

1.漫画「夜明けの図書館」について
そもそも、レファレンスサービスをテーマにすることは編集担当者のアイデアだったそうです。それまではごく普通の利用者だった埜納さんは、図書館の取材を始められました。そこで〝司書は言葉にできないあいまいなものをすくいあげて回答を導き出すリサーチの専門家〟であり、〝レファレンスサービスとは利用者個人の思いに触れるサービス〟なのだと気づかれました。
図書館の機能、司書の仕事を漫画にして読者に伝えるため、登場人物のキャラクターや立場も綿密に作りこまれていった様子も、詳しくお話しくださいました。

CIMG4053.jpg


2.漫画の制作、協力
「夜明けの図書館」に出てくるエピソードは実話なのかと、皆さん気になりますよね? 取材で聞いたことは確かに実話なのだけれど、それはあくまでもヒントにして、埜納さんの思いも込めたフィクションなのだそうです。

国立国会図書館のカレントアウェアネスにインタヴューが掲載されたことときに協力者を募ったところ、二人の方が名乗り出てくださり、リアリティとクオリティを支えてくださっているそうです。フィクションであっても本当にあったことのように臨場感があるのは、埜納さんの細やかな取材と想像力と創造力、そして専門家の協力があってのことなのですね。

CIMG4054.jpg

3.さまざまな図書館をめぐって
多くの図書館を訪れていらっしゃる埜納さんは、ロビーに掲示されているイベントのお知らせを見て、その地域の暮らしや住んでいる人たちを想像されるそうです。図書館それぞれに特徴があり、それはその地域の特性を映し出しているということなのでしょう。

紹介してくださったのは次の4館です。
土庄町立図書館
 YAコーナーにノートがあり、子どもたちの書き込みひとつひとつに図書館員さんのお返事があり、親身になってくれる大人の存在を感じる。

恩納村情報文化センター
 琉球音楽が心地よく流れ、カウンターの方の笑顔が気持ちいい。

伊丹市立図書館ことば蔵
 読書犬のイベントは市民の提案。聴覚診断士の相談の受付も。
 市民と連携し、市民の提案を実現する体制が組まれている。

小野市立図書館
 (ヤングアダルト(YA)コーナーをYYコーナーと呼んでいる。中高生からなる図書館文芸部が中心となって運営。
 YA世代だけではなく、多年齢層の読者が楽しんでいる。


4.理想の図書館をめざして
11月に出版予定の「夜明けの図書館」第5巻についてお話しくださいました。
埜納さん初めての長編もあるそうです。図書館が多様性を認める場であること図書館には長く続けられる職場環境が必要であることを伝えたいとおっしゃっていました。第5巻を読むのが楽しみです。

CIMG4058.jpg


難しいテーマを取り上げて、投げ出したくなることもあるのだとか。それでも、物語の力を借りて「夜明けの図書館」が理想の図書館像でありたい、との思いで創作を続けていらっしゃるとのことです。


あらかじめ質問を知らせてくださいとのことだったのですが、講演の中で私たちがお届しておいた質問にすべてお答えくださいました。本当にありがとうございました。
そうそう講演前にご挨拶をしたら、5年半も前にお会いしたことを覚えていてくださいました。ほんの少しお話しただけなのに。
このような誠実なお人柄が作品にも、登場人物にも表れていて、多くの読者をひきつけているのですね。これからも素敵な作品を楽しみにしています。





参加者感想(一部抜粋)
たくさんの熱い感想をいただきました。あまりに多すぎてすべて書ききれませんが、埜納さんにはすべてお渡ししています。

・「夜明けの図書館」を読んで、初めてレファレンスを知りました。

・ご紹介いただいた図書館、すべて行ってみたいと思いました。

・先生の図書館員や図書館への愛が伝わってきてますます続巻が楽しみです。

・講義やレポートで文献がいるけどどう探したらいいのかわからず、結局見つからなかったことが多々ありました。自分にとってレファレンスサービスが求めていたものでした。

・田舎では本や図書館といった資源が乏しいです。都会と変わらない質のサービスや資源があったらいいなと思います。利用者、市民の側からの投げかけも大事なんだなと思いました。

・大学図書館ではどうしても研究・教育というテーマが前に出て、蔵書、サービスもそれに偏ったものになってきます。公共図書館のレファレンスのようにその人自身にスポットを当てながら行うサービスが大学図書館でもおこなっていけたらと思います。(特になんで勉強しているのかや就職で悩んでいる人に向けて)

・レファレンスは利用者の強い味方です。一人では思いもつかない分野、方面から「解決」へと導いていただけるのはありがたいことです。

・公共図書館のシリーズが終わりましたら、学校図書館の司書の漫画も描いてもらえるとうれしいです。

・おもてに出ることは少ないのですが、とても重要な市民サービスを提供する場、そして人をこれからも描き続けてください。

・公共図書館で嘱託職員として勤務していますので、4巻の小桜さんの気持ちがよくわかりました。
・丁寧な取材に基づいた作品づくりがなされていることに感動しました。

・「司書は本の探偵!」いい言葉です。

・「夜明けの図書館」のことは当館のレファレンス協働データベースを取り上げてくださっていることをきっかけに知りました。公共図書館に勤めている母にもオススメしております。
・夜明けの図書館の始まりからこれからまで、さらに先生ご自身の図書館への想いまでうかがえて一図書館員としてとても嬉しく思いました。

・ひなこの熱い思いにパワーをもらい「いろいろあるけどまたがんばるか!」と元気をもらっています。

・「夜明けの図書館」の中の「本と人をつなげる仕事」「どんなレファレンスもどんな内容であれ真摯に受け止めて一緒に学ぶ姿勢が大切」という言葉が好きで、この言葉を書いたメモをいつも持ち歩いています。



追記
 10/11  誤入力、変換ミスがありましたのでその部分のみ訂正しました。


埜納タオ氏講演会のご案内

「夜明けの図書館」というレファレンスを題材にした漫画があるよ、と聞いたのは2011年の暮れだったでしょうか。
すぐに全国の図書館と関わっている仲間たちから「読んでみて!」という声が届くようになり、私も読んでみたのでした。

そして2012年の4月に図友連の集まりに来ていただき、お話を伺うことができました。そのときもらったサインに「活動がんばってください」と添え書きしてくださいました。 はい、がんばっています!

「夜明けの図書館」も現在第4巻まで発行されています。図書館、レファレンスを通して人のつながりの大切さに気付かせてくれる素敵なエピソードが満載です。

今回、その埜納タオさんを図書館ネットにお迎えして講演会をします。チラシのために自画像を書いてくださいました。ありがとうございます。
是非、埜納タオさんに会いに来てください。

講演会
図書館との出会い
講師:埜納タオ氏
日時:平成29年9月30日(土)
    14:00~16:00
場所:兵庫県j立生活創造センター セミナー室
参加費:無料


チラシ表

チラシ裏

申込方法
住所、氏名、電話番号を明記し、E-Mail・FAXにてお申込みください
(お書きいただいた個人情報は、講演会等のお知らせ以外には使用いたしません)
E-Mail:toshokan-net@live.jp
FAX:078-997-1981(大西)

出前トーク「都心・三宮の再整備」ご報告

10月15日、出前トーク「都心・三宮の再整備」を無事開催することができました。
参加者は13名。

講師は住宅都市局都心三宮再整備課 三宮再整備計画係長の
北田敬広さんです。
とてもさわやかな気さくな方でした。
北田さんは阪神淡路大震災のときに神戸の大学にいらしたということです。神戸市が復興し、これから未来に向けてのビジョンを語る姿に、並々ならぬ決意が感じられました。

出前トーク資料
(当日資料)


BE KOBE 『神戸は、人の中にある』『神戸の魅力は、山より、海より、人でした』
この言葉のなかに神戸がめざす未来の姿があります。何よりも「人」がいて、初めてまちがあるのです。私たちが図書館活動を通じて日々考えていることと重なる姿です。

神戸の都心の「未来の姿」検討委員会、三宮構想会議のほか、市民から意見を聞くイベントが数多く開催されてきました。そこから昨年9月に『神戸の都心の未来の姿[将来ビジョン]』『三宮周辺地区の「再整備構想」』が公表されるに至りました。

神戸市は市民にこのプロジェクトをより知っていただくため、また多くの市民の参加につなげるため、インターネットを駆使しています。上記資料の他、プロモーションサイトや、Facebookのページもありますので、是非ご覧になってください。

神戸市:都心・三宮の再整備
神戸都市ビジョン
神戸の都心・三宮Facebookページ
1000smile事務局Facebookページ


北田さんのお話は、神戸市が置かれている現状から、将来ビジョンにおける「都心に備える8つの軸」、三宮再整備基本構想における「まちづくり5つの方針」に沿った具体的なものに移りました。
社会実験が進みつつある東遊園地の芝生化では、既に行政主体ではなく市民主体のイベントが数々催されています。神戸の玄関口三宮では「歩く人が主役になれる空間づくり」として一般車の乗り入れを規制する三宮クロススクエアの実現に向けて、KOBEパークレットや葺合54号線の整備に取り組んでいます。
参加者の皆さんも身を乗り出して聞いていらっしゃいました。

出前トーク1

出前トーク2


質疑応答では多くの参加者からいくつもの質問が出ました。
海側の再整備に偏っているようだが、山側の整備はどうなるのかとの質問には、新神戸駅から北野、フラワーロードへの動線強化が課題、加納町交差点の立体化も視野に入っているとのことでした。

人口の減少について、大学がたくさんあっても雇用の場が少なく卒業後他都市に流出することが課題であるとのお答え。参加者から青年向け若い夫婦向けの住宅の整備が要望されました。

ポートライナーの線路が三宮を出てすぐ急カーブすることで輸送が非効率になっているとの指摘には、3空港の一体化や医療産業都市関連でで輸送量が増加することも考えられポートライナーは大きな課題であり、車両の形状や他の交通手段を検討する必要があるとのお答えでした。参加者からは各交通会社の駅を一体化するなども検討してほしいとの要望が出されました。

三宮図書館の移転に関して、区役所エリアの工事着手は概ね5年以内を考えており、地権者への説明を進めているところであるとのこと。移転先や工事中の仮施設については検討中であるがまだ決まっていないとのことでした。

参加者のお一人から、今日の説明はハード中心であったが、三宮や元町のゴミ箱があふれているようでは、立派な構想も実現できない。まずは足元から神戸市民が自分のこととして積極的に取り組むことが重要だとおっしゃったことが印象に残りました。

講師の北田係長、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。



参加者感想(一部抜粋しています)

・神戸市の考え方がよくわかりました。

・あまり知らなかったので興味深く聞かせていただきました。

・20年前に関東から引っ越してきましたが、神戸はコンパクトで便利なところですね。楽しい便利な街づくりに、文化的な街づくりを期待したいです。

・大きなプロジェクトを言葉を尽くして説明してくださいました。

・構想は立派ですが、具体的に、例えばバスターミナルができたときに現在の神戸市の施設(区役所、図書館等)がどうなるのかやっぱり気になります。

・内容的には共感できます。ただ現実には大変だと思います。これからの新しい情報を期待します。

・まずは理想を、大きなビジョンを掲げることからプロジェクトを始めること、夢を語り合うことから求める姿が現れると思う。

・行政と市民が語りあう今の姿勢を大事にしながら、現実的な課題を解決し、この構想を実現させたいと思う。

・『人』は数と「思い」です。そしてそこに希望があると思います。

続きを読む

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク