図書館員さんとの交流会(2017年度)

恒例の図書館員さんとの交流会こうべ子ども文庫連絡会と神戸・図書館ネットワークの共催で今回が25回目の開催です。
毎年、お忙しい中お時間を割いてくださっている図書館職員の皆さまにお礼申し上げます。

日時:8月18日(金)10:30~12:00
場所:中央図書館研究室
図書館から総務課長、利用サービス課長、企画情報担当課長、企画情報担当係長、市民サービス係長、子どもサービス担当係長、子どもサービス係員の7名。
文庫連、図書館ネットからは19名が参加しました。

夏休み特別おはなし会(8/1)の振り返り
 文庫連が中央図書館との共催で毎年行っています。
 毎年新たな課題が生まれるようですが、回数を重ね、図書館と文庫連とのコミュニケーションもうまく運んでいるようです。

図書館で活動しているボランティアからの報告
 文庫連所属のグループが中央、北、三宮、須磨、垂水、灘、兵庫の各館でおはなし会のボランティアをしています。
 地区館それぞれで職員の方のかかわり方に多少違いがあるようですが、どこの館でも職員さんとボランティアが協力しておはなし会を運営している様子がわかります。また同じ地区館で活動している文庫連に所属していないグループとの交流も進んできているようです。

 関連して、
 ①神戸市の図書館としておはなし会の指針はあるか、あれば機会をとらえてボランティアに示してほしい
 ②ボランティアグループに絞った研修会をしてほしい
 ③各館でおはなし会についての職員の情報共有はされているか
 ④地区館でのおはなしグループの募集について、図書館がおこなう小学校でのおはなし会のボランティア募集について

などの質問と要望が出されました。
 
 子どもサービス委員(図書館職員)を中心に情報を共有していること、生涯学習課が開催している読み聞かせ人講座のスキルアップ講座に図書館お話しボランティアの参加を推奨していること、指定管理者職員が読み聞かせ人講座を見学していること等、丁寧にご回答くださいました。
 また、中央図書館で確認できていない事柄については早急に確認するとのことでした。

 図書館のおはなしボランティアは、それぞれのグループの個性を生かして活動しています。それはとても大切なことです。しかし、図書館でボランティアをすることの意味や目的に一定の共通理解と、一定のスキルが必要であるというのが文庫連の考え方です。
図書館としても大きな枠組みでは同様のお考えだと思います。
 文庫連以外のグループを交えた話し合い、交流の場が必要だと感じます。

返却ポストの廃止について
 市内3カ所に設置されていた返却ポストが廃止されましたが、 とくに舞子公園駅のポストがなくなったことで明石市立図書館に利用者が流れているとの指摘がありました。
 利用数が伸びなかったことが廃止理由とのことですが、舞子公園駅の利用数は多かったとの発言もありました。廃止は残念との声が多数挙がっていますが、図書館では廃止に対して利用者の反応はほとんどなかったとの判断とのこと。声を届けることのむずかしさを感じます。

 もともと返却ポストの設置がすぐに貸出数に反映されるとは言えなかったわけで、目標数がいくらだったのかも示されないなかでの急な廃止はなかなか納得できません。
 図書館サービスは成果を数値で表すのが困難な事業です。返却ポストが廃止された理由を聞くと、図書館の予算確保はいつも綱渡りなのだと実感します。財務当局を説得できる力を持っていただきたいと激励するとともに、もっと利用者が声をあげて、図書館職員の頑張りを後押ししなければいけないのだと思います。

傷んだ本を図書館に知らせることについて
 私たちのように図書館をよく知っている利用者は汚破損本を職員に知らせるが、多くの市民が知らせたほうがいいということに気づいていない。返却カウンターに「傷んでいる本があったら知らせてください」と書いてあるだけでも違ってくるのではないかとの意見に、検討するとのお返事をいただきました。
 会員からは、辞書のページ脱落を知らせた際すぐに対応してくださったことのお礼が述べられました。

市民担当窓口について
 市民にとって様々な要望、意見を職員に伝えるのは思いのほかハードルが高い。担当職員を置いて一元的に市民の意見を集めて対応してはどうかとの要望に、各館職員に届いた意見要望は、中央図書館に届く仕組みになっている。館長への手紙の制度もあるので利用してほしいとのことでした。
 職員に話しにくいと感じる人も多く、話したことが中央図書館に届いていないことも散見される。館長への手紙のポストは見たことがないとお話ししました。
 強硬なクレームなど対応に苦慮されることも多いと思いますが、そのような大きな声にかき消されている小さな声を拾い集めていただきたいと思います。

西図書館機能拡充について
 西区役所移転に伴う拡充についても三宮図書館移転と同じく、具体的なことは検討中。
 三宮図書館の移転場所は年内には決定の予定。

大人へのサービスについて
 児童サービスに比べて、大人とりわけ利用が多い高齢者へのサービスが少ないと感じるがどういうサービスをしているか。
 大人のためのおはなし会や大人の一日図書館員の行事が盛況。図書館ナビなどで必要な情報へのアクセスを支援しているとのことでした。
 高齢者サービスは障がい者サービスに通じます。イベントだけではない日常の利用の面での読書支援をお願いしました。


交流会では質問や要望が多くなりがちなのですが、図書館の職員の皆さまへのお礼を申し上げることができました。
①学校図書館、学校司書への手厚い支援について
 生涯学習課が担当ですが、図書館の支援がなければ成り立ちません。お礼申し上げます。
②中央図書館の絵本
 さまざまな工夫により見やすくて探しやすい配架になっています。ありがとうございます。
③図書館とよい関係ができている地区館
 ボランティアである私たちと各地区館では立場を超えて協力関係が築き上げられつつあります。
 これからもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

図書館員さんとの交流会(2016年度)

8月19日(金)10:30~12:00
神戸市立中央図書館研究室にて
恒例の図書館員さんとの交流会を開催しました。こうべ子ども文庫連絡会と図書館ネットの共催です。
今年で24回目。文庫連を始めたときに図書館員さんとの交流の場を設けてくださった先輩方に感謝しています。

参加者は
図書館から総務課長、利用サービス課長、企画情報課長、学校図書館支援担当係長、市民サービス課長、総務担当係長の6名
文庫連・図書館ネットから20名。

図書館職員のみなさんは顔ぶれも変わり、新しい体制で図書館運営をされていることがわかります。
簡単に自己紹介のあと、報告や情報交換をしました。

・「夏休み特別おはなし会」(8/2開催)報告
 文庫連か協力して行う特別おはなし会も今回で3回目です。
 図書館と文庫連との連携もよく取れて、課題も改善されてきているとのこと。
 広報の方法など、来年度に向けての確認が行われました。

・神戸市立図書館で活動しているボランティアグループからの報告
 各図書館でおはなし会のボランティアをしているグループのうち、文庫連所属のグループからの報告です。
 中央、北、三宮、須磨、垂水、灘、兵庫の各図書館で活動しています。
 同じ神戸市立図書館ですが、ボランティアグループとの関係はそれぞれ違いがあるようです。また文庫連以外のボランティアグループとの関係性もさまざま。悩みも多いようです。

 一定の水準を保つために図書館から基準を示すなどしてもらえないか。
 →難しい問題だが各図書館には伝えておく。
 
 同じ神戸市立図書館で活動するグループとして、文庫連に所属していない方々とも情報交換する機会があれば、グループの個性を活かしながら、スキルの面でも、ボランティアとしての取り組み方の面でもよい関係性を築けるのではないかと感じます。
 
・児童サービス担当職員について
 おはなし会担当職員の交代が多く戸惑う、職員も絵本の読み聞かせをされるが研修を受けているのか疑問
 →指定管理業者には安定的な運営を依頼し続けており、長く同じ職員が担当している館も多い。
  児童書担当は正・副委員を定めて会議と研修を行っている。

・指定管理業者職員の離職率について
 中央図書館で職員の異動は把握している。制度導入後数年は離職率は低かったが、年数がたって増えてきている。
 企業も努力してるが、勤務地が神戸市以外の関西圏にも広がっており異動は多くなっていると思われる。
 継続的な職員体制を依頼する姿勢は変わっていない。

・各館の絵本の並べ方について
 書名アイウエオ順と出版社別が半数ずつになっている。どちらがよいともいえず、難しい。
 学校図書館について神戸モデルを作成中であり、それと揃えるのも一案と考えている。

・自動貸出機について
 一冊でも読みとれないとカウンターに並びなおさねばならない。読みとれない本を特定しないと次のときにも同じことが起こっているのではないか。
 →ICタグの破損が原因と思われる。返却後貼りなおすようにしている。
 
 自動返却機の導入は考えているか
 →予約が入っている本を取り分けることができないため、導入は考えていない。

 赤ちゃん絵本が自動貸出の対象になっていない。
 →小さい版の本が多くICタグが絵をふさいでしまうので、タグをつけていない。

・会議室(研究室)の利用について
 多くの人が会議室を必要としているが、本に関連する団体しか使えないのか
 →利用規定に従い、読書活動推進団体に限っている。会議に使える部屋がなく職員間でも利用希望が重なることもあり、対象を広げることは考えていない。

・返却ポスト設置による効果について
 返却率は高くなっているか。
 →返却率ははかることができないが、借りた本をすべて読みおわってから返すのではなく、読みおわる都度返してもらえているのではないかと思う。
 返却ポストの設置はあくまでも利用者の利便性の向上が目的である。

・ポートスタッフの名札をつけた職員について(下記<補足>参照)
 ポートスタッフは派遣会社である。

・中高生へのサービスについて
 児童サービスについてはこの交流会でも説明していただいたが、その上の世代へのサービスはどうなっているか。
 中学生が興味を持つイベントなどが必要ではないか。
 →問題意識は持っている。中学校の図書係の集いを行っている。

・図書館協議会での学校司書に関する質問について
 委員から学校司書研修について質問が出たが、図書館が担当しているものについてだけの説明であった。
 委員が知りたかったのは学校司書に関する研修全般であったと思う。図書館の事業報告なので図書館が担当したものを報告するのは当然だが、学校司書制度についてのプロジェクトに参加しているのだから教育委員会が取り組んでいる事業内容について説明してもよいのではないか。協議会委員の質問と事務局の回答がかみ合っていないことが多いと感じる。

・三宮地区再開発について
 再開発地区に三宮図書館が含まれている。広さだけを要望するのではなく、詳細が決まっていない今から、神戸市の政策の中で図書館がどうあるべきかという観点で図書館としての考えをアピールしてほしい。
 →移転場所も決まっていない。現在の広さ、設備でよいと思っている職員はいない。


<補足>
中央図書館では4月1日から市民サービス係の窓口業務並びにその他補助業務について、派遣会社の社員により行われています。派遣会社はポートスタッフ。日曜日は6名、それ以外の日は8名が派遣されています。




職員の皆さまはお忙しい中、交流会に参加してくださりありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

図書館員さんとの交流会(2015年度)

今年で23回目になる「図書館員さんとの交流会」
8月21日(金)10:30~12:30 中央図書館にて行われました。
こうべ子ども文庫連絡会(文庫連)と図書館ネットの共催です。

図書館からは総務課長、利用サービス課長、企画情報担当課長、企画情報係長、利用サービス課学校図書館担当係長、市民サービス係長の6名。
文庫連、図書館ネットからは18名の参加です。

当日はできるだけスムーズに進めることができるように、あらかじめ話し合いたいこと、お聞きしたいことの項目をお知らせしています。それでも予定を30分もオーバーしてしまいました。
職員のみなさんに貴重なお時間を割いていただきました。ありがとうございました。

・「夏休み特別おはなし会」(8/4開催)
 文庫連が協力して開催されました。 午前中185名、午後132名の参加。
 昨年に引き続き2回目の開催でした。初年度から改善した点もありましたが、新たな課題も見つかったようです。来年度はその課題を修正して、子どもたちにもお母さんたちにも楽しんでもらえるおはなし会に育てていきたいですね。

・神戸市立図書館で活動しているボランティアグループから報告
 図書館でおはなし会のボランティアをしている文庫連所属のグループからの報告です。
 中央、三宮、須磨、垂水、灘、兵庫の各図書館で職員のみなさんと協力して活動中です。共通の課題は参加してくれる子どもたちの年齢に幅があることです。色々と工夫をしているものの、永遠の課題だとの声も…。情報交換する中で解決の糸口が見つかるかもしれません。

・廃棄について
 学校でのおはなし会でよく使う本が知らない間に廃棄処分になっていたが。
→ 各地区館で廃棄リストをつくり中央図書館に連絡がある。利用度が低いものは廃棄対象になるが、利用度が低くてもその価値によって残すものもある。しかし職員が価値を見極められないこともある。今回の本はもう手に入れることができない本であり、廃棄処分にしたのは残念だった。リストは届くが大量なので見逃してしまったのだと思うとのことでした。神戸市立図書館として最後の蔵書である場合は中央図書館でわかるシステムになっている。

・団体貸出しについて
 学校への団体貸出しとボランティア団体等への団体貸出しが同じ枠組み。学校司書が配置され、今後学校の団体貸出しが増えると本の奪い合いになる可能性も出てくる。別枠にできないか。
→学校用に本を用意できるといいのだが、保管場所のことや予算の問題もあり、現状では難しいとのことです。

・予約について
 予約している本がいつまでたっても「配送中」の表示のままだったが、調べてもらうと中央図書館書庫にあった。同様の経験をしている人が複数いる。
→そのような場合にはカウンターに問い合わせてほしい。予約本の配送はこれまで中央図書館で行っていたが、予約本受け取り場所の増加等を受け、配送センターを設け委託している。図書館で直接処理していた時より時間がかかる場合も出ている。その点についてはご理解いただきたい。

・図書館の新しい取り組み
 児童本人のパスワードを発行、自動貸出機の導入、自動車図書館のステーション新規開設の説明を。
→児童カードでパスワードを発行し予約できるようになる。課題整理のうえ夏休み明けに実施予定。あわせて予約ルールの整理も行う。
 自動貸出機は現在5巻に導入済み。できるだけ早く全館導入を予定しており現在ICタグ貼付作業中。
 予約本受け取り拠点の増加により、自動車図書館の巡回箇所を見直した。

・図書館おはなしボランティアを育てる講習会
 図書館が必要としている「おはなし会」を浸透させるためにも、現在図書館で活動中のグループ向けに講習会をしてほしい
→市内各所で活動中のボランティア向けにスキルアップ講座を実施している

・高齢者向けサービス
 子ども対象のサービスは数多く実施されているが、高齢者向けのサービスも必要ではないか
→高齢者向けの定義が難しいが、高齢になって身体的障害が出てきた人ということであれば、来年4月1日の「障害者差別解消法」施行に合わせて検討中である。

・新採用の司書さんの状況と、来年度採用の応募状況
→14年間採用がなかったが今年3名(全員女性)採用。新採用サポーター制度によって、1名に1名ずつ指導者がついている。専門職として大切に育てていきたい。来年度も若干名を採用、8/31日に合格通知発送予定。

・指定管理者を明示しないのはなぜか。
→神戸市立図書館は、最終的な責任は中央図書館にあるという体制。
 各地区館の運営者をことさら明示する必要はないと考えている。指定管理者の名前は神戸市のHP上から確認できる。

・「絶歌」の購入を見合わせた経緯
→地元の図書館として「犯罪被害者支援条例」に基づき、対応を決定した。
 図書館協議会でも詳しく報告している。

「絶歌」に対する対応については別のエントリーで詳しく説明したいと思います。


連続児童殺傷事件加害男性手記「絶歌」にかかる神戸市立図書館の対応について(8/25UP)



こうして図書館のみなさんと顔を合わせてお話ができる機会を持てていること、それ自体が重要なことだと思います。お互いの声を間近に聞き、協力していけるよう、これからもよろしくお願いいたします。



 

図書館員さんとの交流会(2014年度)

8月8日(金)10:30~12:15中央図書館にて、図書館員さんとの交流会を開きました。

こうべ子ども文庫連との共催のこの交流会は、文庫連単独で行っていた時も含めると22回目になります。
中央図書館から、総務課長、利用サービス課長、企画情報担当課長、市民サービス係長計6名が参加してくださいました。
お忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。

文庫連および図書館ネットからは19名の参加。
こちらからの質問に図書館職員の皆さんに答えていただく形で進めました。

・「夏休み特別おはなし会」について
 8月5日、中央図書館主催、文庫連全面協力でおこなわれたおはなし会は延べ271名の参加。
 会場の広さに比べ参加者が多く、ベビーカーの置場など検討しなければならない点があった。
 来年度の開催については双方で検討する。

・図書館で活動しているボランティアグループ(文庫連所属)からの報告
 活動している図書館によって違いがあるものの、図書館員さんの協力のもと活動できている。

・学校図書館支援について
 学校司書の研修は9月から始まる。9月末には中央図書館の見学を予定。
 学校司書配置一か月後くらいに図書館員と学校司書の交流会をする予定。
 連携、支援の方針が大きく変わることはない。今後様子を見ながら支援していきたい。

・図書館と文庫連・図書館ネットの共催事業について
 今後できることがあれば検討したい。

・団体貸出しについて
 申し込み用紙からデータ入力したのち、二重チェックしている。申込用紙は2、3か月保存。
 借りた本の管理は各団体で行ってもらっているが、 貸し出しを受けたときに一覧表を印刷できるので利用してほしい。

・司書採用について
 現在採用者に通知を出す段階。
 14年ぶりの採用となるが、世代間ギャップが心配。しかし、新しい知識が入ってくることで、大きく変われるチャンスでもあるととらえている。

・中央図書館facebookについて
 ホームページよりもタイミングよく情報を出せる。今後は地域間の情報も掲載していく予定。

・指定管理者の評価基準と評価内容について
 (奇をてらったような人集めの提案が評価されるのではなく、本来のサービスを評価してほしいとの意見に対し)
 選定評価委員は教育学教授、弁護士、公認会計士の3人で、数値で出るもののほか、提案内容、実施内容を評価している。図書館にも関心を寄せてもらっており、7月には委員の皆さんが東灘図書館を見学された。以前にも見学されたことがある。また、提案内容について質問を受けることもあり、委員に図書館を理解していただくように努力している。

・授乳室について
(合同庁舎などではビル共有の授乳室の設置を図書館から提案できないかとの意見に対し)
 授乳室があるのは東灘図書館のみ。
 中央図書館では申し出てもらえば救護室を授乳室として提供できる。地区館ではおむつ替えなどは事務室でしてもらえる。ビル共有の授乳室の働きかけはするが、構造上管理上の問題があり難しい。

・市民図書室について
(予約図書が受け取れるようになったのはよいが、今後市民図書室は維持できなくなるのではないか。高齢者向けにも市民図書室を残してほしい。図書館システムの中に組み込めないかとの意見に対し)
 市民図書室での予約図書受け取りは25年度2か所、26年度6か所、27年度6か所の計14か所になる予定。
 今年度はすでに2か所で受け取りができるようになっており、あと4か所の選定をしている。
 市民図書室管理者はボランティアであり、地理的にふさわしい市民図書室であってもサービス拠点にできない場合もあり、苦慮している。

・アロマサービスについて
(6月以降の対応はどうなっているかとの質問に対し)
 アロマ実施日、時間、デフューザー設置場所を変更している。
 この件については別エントリーで詳しくお知らせします。
 
 
多くの質問に丁寧に答えてくださいました。ありがとうございました。
毎回質問攻めにして申し訳ありません。来年は図書館の職員の皆さんの思いを伝えていただける場にしたいなあと思っています。お互いの夢を語り合えるような交流会になればいいのですが…。
文庫連の皆さんとともに考えていきたいと思います。

 

図書館員さんとの交流会 追記

12日の交流会の報告は昨日UPしました。(長文でごめんなさい


神戸・図書館ネットワーク 図書館員さんとの交流会(2013年度)



それに付け加えて・・・

交流会の最後に図書館ネットから、
研究室の土日の利用について要望しました。

中央図書館の研究室の利用は
「図書館開館日 (ただし土曜日および日曜日を除く)」となっています。
つまり、火~金曜日のみ利用の申請ができます。
理由は土日は事務職員の方々がお休みで、お部屋の管理が困難だということだそうです。

図書館ネットが主催するKOBEブッククラブ(読書会)は、
図書館を舞台に本と人、人と人をつなぐことを目的とし、図書館利用につなげていければと考えています。
趣旨から言えば図書館を会場にしたいのですが、第1回は他の会場で開催しました。土曜日だったので中央図書館研究室が使えなかったからです。
第2回は中央図書館で開催しますが、平日の開催(8月1日木曜日)です。
平日だと仕事を持っている人の参加は難しくなります

図書館がおっしゃっている理由はよく理解できるのですが、大人の利用者へのサービスを考えた時、土日に使えるかどうかは大きな課題です。ブッククラブの参加者の多くは仕事をしていて、しかも、本を手に気軽に集える場所を熱望しています。

「図書館を舞台に」と言いながら、図書館以外で開く読書会って・・・

職員の皆さんの負担を増やすことは本意ではありませんが、なんとか土日にも研究室を利用できるよう検討していただければとお願いしました。




最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク