機関紙25号から

「神戸・図書館ネットワーク」第25号を発行しました。
2月9日に発行し、会員、賛助会員の他、図書館職員のみなさんや教育委員会、図書館協議会の委員の皆さま、図書館ボランティアの方々や市会議員の皆さま、関係機関にも配布しました。

今回のもくじです。
主催行事お知らせ 第16回KOBEブッククラブ   
主催行事報告   図書館見学会報告 あかし市民図書館  
第15回KOBEブッククラブ報告 
神戸市立図書館の振興に関する要望書提出  
平成29年度 学校図書館活用実践報告会
日比谷図書文化館に行ってきました  
随想 『ライト兄弟』   
展示拝見 ~神戸市立中央図書館~ 
編集後記

ブログでご報告したものもありますが、執筆者が異なると視点も変わります。機関紙で多様な会員の「図書館」「本」に対する思いが伝わればと思います。

では、いつものように「展示拝見」をどうぞ。


=展 示 拝 見=  神戸市立中央図書館

「十二支の動物たち」と題して、資料が展示されています(平成30年2月末まで)。
美しく楽しい絵と貴重な写真をご堪能下さい。
描かれた十二支
「十二支図」 渡辺南岳 画
「十二支之図」  大橋翠石 画
「武勇見立十二支」歌川国芳 画
「十二類合戦絵巻」室町時代(15世紀)の制作で御伽草子 絵巻
「道化十二支」歌川国芳 画 十二支たちのゆかいな姿の物語
*ここでクイズ!
「家内安全ヲ守る十二支之図」歌川芳虎 画
「年が寄っても若い人だ」歌川国芳 画
この2つの絵の中には十二支の動物たちが隠れています。
様々な形で登場する動物たちの姿をお探しください。 
あなたは全部見つけられるでしょうか?
 ぜひ挑戦してみてください。
仏像に乗った十二支 
「木造十二神将立像」 十二支の動物たちが乗っている淡路市の文化財
宝物の中の十二支
「正倉院の宝物の鏡 円鏡 」 十二支が形づくられている
「白石鎮石」正倉院の大理石レリーフに十二支が刻まれている
十二支が出てくる本
「十二支考 上下 」岩波文庫 南方熊楠
 博物学者であり、生物学・民族学にも精通した熊楠の十二支に関する読み物 
 (ただし丑(牛)の記述はありません、その理由を考えるのも楽しいですよ)
「漫画 フルーツバスケット」白泉社 高谷奈月 十二支の変身ホームコメディ
「十二支大戦2017 」集英社 西尾維新 十二支の名を冠した戦士達の戦い
 十二支の動物をモチーフにしたキャラクター登場! 
「十二支と十二獣」大場磐雄 水流館 考古学上の遺跡や遺物に見られる十二獣についてまとめたもの

<マナーアップキャンペーンコーナ>
「本が泣いています  マナーがアップアップしています」
切り取り、汚れ、たばこの焦げ跡、水濡れ、書き込み、色塗りされた本が展示され、「泣いている本を見つけたらお知らせください」との提示がありました。これを見た後、たまたま手に取った本に書き込みがあったため、さっそく図書館員に報告しました。
       (神戸・図書館ネットワーク会員 小谷 敦子)


スポンサーサイト

機関紙24号から

「神戸・図書館ネットワーク」第24号を発行しました。
会員、賛助会員の他、図書館職員のみなさんや教育委員会、図書館協議会の委員の皆さま、図書館ボランティアの方々にも配布しています。
今号のもくじです。

主催行事お知らせ 第15回KOBEブッククラブ  
主催行事報告   第14回KOBEブッククラブ報告 
         図書館員さんとの交流会 
         埜納タオ氏講演会「図書館との出会い」  
第5期3回神戸市立図書館協議会 傍聴記   
展示拝見 ~神戸市立 須磨図書館~   
随想 『羊飼いの暮らし』  ―イギリス湖水地方の四季―   
編集後記


ではいつものように「展示拝見」をどうぞ。
本紙では写真も許可をいただいて掲載しています。

=展 示 拝 見=  神戸市立須磨図書館

須磨図書館の展示は小さいものも含めるとなんと7つの展示がありました。主なものを紹介します。

「ココロに本の栄養を」うつや心の病気に関する本が並んでいます。「ミッキーマウス幸せを呼ぶ言葉」など心が落ち着き、元気になる本もありました。いのちの電話や神戸市精神保健福祉センター発行のストレスをチェックするリーフレットがさりげなく置いてありました。

「芸術の秋、始まり、始まり」フェルメールや伊藤若冲に関する本が目を引きました。「マリーアントワネットの宮廷画家ルイーズ・ウィジェ・ルブラン」「修復家だけが知る名画の真実」など普段は目につかない本に出会えることが展示のいいところです。

「しりたい!せかいのしらないところ」児童用の展示です。安野光晴さんの「旅の絵本」シリーズ、「タンタンの冒険」シリーズ、ドン・フリーマンの「とんでとんでサンフランシスコ」などがありました。ドン・フリーマンは大好きな作家ですがこの絵本のことを忘れていました。小学生に是非手に取ってほしい絵本です。
また「世界のともだち」(偕成社)シリーズも楽しかったです。外国の一人の子どもに焦点を当てて、その子どもの家族、家の間取り、本人の紹介、学校の様子、習い事、家のごはん、街の様子などが写真とともに子どもが興味を引くように紹介されています。2014年から随時出版されていて36の国の子どもが紹介されているようです。おきしお文庫で購入された本です。新しくないと子どもは手に取らないので、改めて置塩さんに感謝です。

「水族館コーナー」須磨海浜水族園が近いのでこのコーナーはずっと常設されています。最近床に本当の大きさのウミガメの写真が貼られました。なるほどこの大きさだったら、うらしまたろうも乗れたなと目で見て納得しました。

「六甲山 魅力と歴史」今年は神戸開港150年の年ですが、六甲山も開山150年だそうです。六甲山に関する本の展示と開山の歴史のパネル展示もありました。それによると神戸開港と同じ1867年に外国人と衝突が起こらないように作った徳川道が六甲
山への道の元になったそうです。また、1895年に私費で登山道を切り開いたのも外国人ということで、神戸と港と外国人は昔から深くかかわってきたことが分かります。
図書館員さんにお聞きするとカウンター前の展示は1ヶ月に1度変え、ポップやパネル展示はすべて手作りだそうです。毎月のテーマになるほど思いながら本を眺めるのはとても楽しいことです。今後も楽しみにしています!
        (神戸・図書館ネットワーク賛助会員 柴野 奏子)

機関紙23号から

機関紙23号を発行しました。
もくじを紹介します。

主催行事お知らせ 第14回KOBEブッククラブ  
講演会・図書館見学会の予定
主催行事報告  第13回KOBEブッククラブ報告  
大子連公開講座「家庭文庫から始まる図書館支援」  
学校図書館問題研究会兵庫支部との交流会
兵庫県立図書館 図書館協議会を傍聴して   
第5期2回神戸市立図書館協議会 傍聴記  
講演会「地球はどうぶつでいっぱいだ」感想   
随想『ツバキ文具店』(幻冬舎)
神戸市学校司書に関する要望書を市長へ提出   
図友連が文科省、総務省に要望書提出  
<連載>図書館での33年間を振り返って(その3)  
神戸・図書館ネットワーク2016年度活動まとめ  
展示拝見 ~ひょうご労働図書館~   

いろいろ盛りだくさんです。
機関紙は関係各所、各図書館職員のみなさん、図書館ボランティアの皆さんにも配布しています。

では、いつものように「展示拝見」をどうぞ。


=展 示 拝 見=  ひょうご労働図書館

「ひょうご労働図書館」は神戸市営地下鉄「県庁前駅」より 北西へ徒歩7分、神戸高速鉄道「花隈駅」より 北へ徒歩7分、 JR・阪神「元町駅」より 北西へ徒歩15分の所にある兵庫県中央労働センター1階にあります。 労働関連の書籍・資料を多数所蔵している労働分野の専門図書館です。
「耳なし芳一、雪女」などの怪談で知られる明治の文豪、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン/1850年-1904年)が1894年に神戸に転居し、第二の住居としてひょうご労働図書館が設置されている中央労働センター敷地内に居を構えたことに由来して、八雲の著書が図書館内に展示されています。日本を愛し、日本を世界に広く紹介した八雲の遺徳を偲ぶことが出来ます。
ひょうご労働図書館のHP http://hyogo-roudou.jp

<図書館内の展示品>
八雲の著書及び八雲に関する著書
骨董‣怪談
ラフカディオ・ハーンのアメリカ時代
ラフカディオ・ハーン近代化異文化理解の諸相
ラフカディオ・ハーン入門
教育者ラフカディオ・ハーンの世界
ヘルンさん言葉の世界  等

     (神戸・図書館ネットワーク会員 峯 慎吾)



機関紙22号から

機関紙22号を発行しました。

今号の目次です。

主催行事お知らせ 第13回KOBEブッククラブ  
         2017年度総会

主催行事報告   第12回KOBEブッククラブ報告 
         出前トーク報告「都心・三宮再整備」感想
         図書館見学会報告 奈良県立図書情報館

第5期1回神戸市立図書館協議会 傍聴記
平成28年度 学校図書館活用実践報告会 参加報告
予約図書受取コーナー 
<連載>図書館での33年間を振り返って(その2) 
伊丹市立図書館ことば蔵Library of the Year 2016大賞受賞
「KOBEの本棚」第84号より
展示拝見 ~三宮図書館~ “0次の備え”



それでは「展示拝見」をどうぞ!

=展 示 拝 見=  三宮図書館
  
  “0次の備え” 
 神戸市の図書館の1月の展示は、やっぱり震災関係が多い。
 三宮図書館では狭いスペースながら、震災当日の新聞が張り出され、“0次の備え”“1次の備え”“2次の備え“と書かれて、関連本やパンフレットが並んでいた。思わず足を止めて新聞に見入る人、パンフレットを手に取る人など・・やはり関心は高そうだった。
 パンフレットは、日本語、英語・韓国語・中国語(台湾用もあり)5種類もあって、0次:常に身につけて準備しておきたいもの、1次:緊急時に持ち出すもの、2次:安心のために備えておきたいものということで、減災グッズのチェックリストになっていた。これは震災後20年の昨年度から配られているそうだが、外国の方も多く住まわれ、観光客も多い三宮図書館ならではのやり方だと思った。
 なるほどね・・と思いながら見ている私のそばで、『にげましょうー災害で命をなくさないためにー』河田恵昭著 共同通信社 の冊子をめくりながら「にげましょう!ばっかりだね」と話している母子連れがいた。阪神大震災から21年を経て、大きな地震が心配される昨今、あの日のことを忘れないことは誰にとっても大切なことだと改めて思う。

             (神戸・図書館ネットワーク会員 井上)


機関紙21号から

機関紙21号を発行しました。
今号から神戸市立図書館職員の松永憲明さんの連載が始まりました。
松永さんは長年神戸市立図書館司書として活躍され、今年3月に定年を迎えられました。
とはいえ、現在も立場は変わっても中央図書館職員としてお仕事を続けていらっしゃいます。そんな松永さんに図書館への思いを語っていただきます。お忙しい中私たちの依頼にお応えくださりありがとうございます。

主催行事お知らせ 第12回KOBEブッククラブ
主催行事報告   第11回KOBEブッククラブ報告
図書館員さんとの交流会 報告 
第4期6回神戸市立図書館協議会 傍聴記 
<連載>図書館での33年間を振り返って(その1)
情報、図書館見学会のお知らせ
展示拝見 ~東灘図書館~ 



ではいつものように「展示拝見」をどうぞ。
   (機関紙本紙では写真も掲載しています)


=展 示 拝 見=  東灘図書館

新しい東灘図書館ができ、行きたい!と思いながらもう3年が経ち、「展示拝見」の原稿依頼を機に思い切って9月18日(日)に須磨から出かけました。
旧図書館を思うと夢のような広い空間とゆったりした書架! 展示も各所に工夫を凝らして設置してあります。
入って左手の雑誌・新聞コーナー前の展示は、幅5メートル以上?の広いスペースに今月のテーマ「癒しの仲間たちー疲れた心にビタミンカラー」に因んだ本が、すべて表紙を向けて置いてあります。すでにたくさん貸し出しがあったとのことで、犬・フクロウ・イモムシ・カワウソ・パンダなどの写真集メインの本が残っていました。

入口正面、自動貸出機横の書架の、幅1メートルほどの展示は私の心をとらえました。『涙活』―「涙を流してすっきりしよう」-9月10日~16日は自殺予防週間とのこと。ポスター「そばにいるからね」には電話相談番号も。今や自殺者が年間2万人を超える現実に、図書館が少しでも生きる気力を取り戻す場所であるならと願う。「いま、会いにゆきます」(市川拓司著)「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キルス著)「純平、考えなおせ」(奥田英朗著)や、絵本「おにたのぼうし」「こんとあき」「かたあしだちょうのエルフ」などが置いてありました。

図書館の三分の一を占める児童書スペースには、たくさんの家族連れが訪れていました。
壁面ほぼ全面に展示スペースがあり、楽しい空間になっていて、お話会などの案内の下の棚にはお勧めの絵本が並び、「どくしょの木」は葉の形の色紙に読んだ本と感想を書いてもらって大きな木に貼ってあり、可愛い感想や小学生らしき感想もあります。
雑誌・新聞コーナーとの仕切りの書架には、「子育て支援」と「YA」の本と資料の展示、その裏面には大量のチラシのスペースが
目を引き、児童書コーナーのもう一面には「夜空を見上げると??」―科学本や空・宇宙に因んだ読み物などが紹介してあり…と楽しい1時間を過ごした後、「おはなしの部屋」で毎週日曜日午前中に開催されている「おはなしかご」のKさんに会えて、お話会の様子を聞けたりと収穫の多い一日でした。
     (神戸・図書館ネットワーク賛助会員 吉田)







最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク