奈良県立図書情報館見学会

秋晴れの暖かい一日となった11月22日(火)、奈良県立図書情報館見学会を実施しました。

実は奈良県立図書情報館の見学会は2度計画していながら様々な事情で実現せず、今回やっと行くことができました。

お昼前に近鉄奈良駅に到着し、見学の予定時間までならまちを散策。
古い町並みが奈良の歴史を感じさせます。お寺や神社をめぐるのも奈良観光の魅力ですが、何気ない路地に奈良の歴史が息づいているのを感じるのもいいものです。

さて、移動の時間が来ました。
近鉄奈良駅に戻り、タクシーに分乗。桜が落葉して土手が錦と彩られた佐保川のほとりを通ります。佐保姫と言えば春の女神、佐保川の桜が織りなす春霞は佐保姫が織り出すものと言われています。春の桜の美しさはいかばかりかと想像しますが、落葉の美しさもまた言い表すのが難しいほどでした。(写真を撮り忘れて残念です)

奈良県立図書情報館の東側、正面玄関に到着。先ほどまで見ていた奈良の町並みとは打って変わって近代的な建物です。
建物の大きさもさることながら、敷地の広さに驚きます。

奈良県立図書情報館正面

建物の南側には公園のような芝生の広場があり、これがまた広い!
その南側から撮った写真です。

CIMG3943.jpg

2階と3階が利用者提供スペースです。2階には明るく開放的なエントランスが広がっています。
担当者の方のご案内で1階のお部屋へ。2時間余りの見学会の始まりです。教育委員会所管ではない図書館を見学するのは初めてです。バックヤードを中心とした施設見学と説明のあと、私たちからの質問に答えていただき、情報交換もすることができました。(ご報告する順番は多少入れ替わっているところがあります)
丁寧にご案内くださった職員の方に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


さて、図書館紹介ビデオを見たあと、自動書庫へ。
人の手を全く介さない未来的な情景です。無人の書庫内をコンテナがすごいスピードで移動しています。驚いて写真を撮る手がブレてしまいました!
CIMG3926.jpg

CIMG3927.jpg

こちらの図書館は開架25万冊、書庫100万冊の収蔵能力があります。現在の全所蔵数が約70万冊とのことなので、まだまだ余裕があります。


図書館内に数カ所ある↓のようなポイントに目的の本が入ったコンテナが運ばれてきます。返却する場合は本の大きさによってセンサーで空いているコンテナが認識され、このポイントにやって来ます。
全てバーコードで管理されています。
CIMG3925.jpg

CIMG3937.jpg


こちらは県内市町村立図書館に貸出しされる本です。この日はすでに発送した後でしたが、発送前ならこの部屋が一杯になっているそうです。
CIMG3924.jpg

CIMG3923.jpg


公文書館としての機能も兼ねているとのことで、↓は公文書の集密書架です。知事部局や行政委員会等の行政文書が移管され、明治期以来のものが保管されています。
CIMG3928.jpg


県内の図書館がまだない地域の学校や公民館への貸し出しをしています。↓は発送を待っているコンテナです。
CIMG3929.jpg


図書館として直接の児童サービスはしていませんが、授乳室の奥のスペースにボランティアが運営するこども図書室があります。寄贈本で構成され、ボランティアによるおはなし会などもしているそうです。
CIMG3933.jpg

CIMG3932.jpg


3階の一角には戦争体験文庫があります。全国から寄贈を受けた資料約5万点のうち約4万点が公開されています。独自の分類で整理され利用に供されています。また定期的にテーマを決めて企画展示も行われています。
CIMG3935.jpg

CIMG3936.jpg


古文書は温度湿度を管理している部屋に保管されています。奈良県の名産「杉」でできた棚です。他の機能重視のお部屋と違い、杉のいい香りに包まれています。古文書の整理は「古文書ボランティア養成講座」を受講した方たちが担っています。養成講座は5年間もあるとのこと。整理はまだまだ始まったばかりとのことでした。同じく図書館で養成している「本の修理ボランティア」と連携して作業されているそうです。
CIMG3938.jpg

CIMG3939.jpg



県庁所在地では県立図書館と市立図書館の住み分けが課題になることが多いようですが、奈良県では県立図書館は資料の収集と保存を中心にしており、評価が定まった本を原則1冊購入しているとのことです。調査研究型の図書館だということは、その講演会や講座の多さからもわかります。

奈良県ということで歴史学科のある大学や高校の学生や生徒の利用も多く、インターシップを行ってもいるそうです。

県庁の各部署が団体貸出しカードを持っていて、議会図書館と連携してサービスを行っているそうで、職員の利用も多いそうです。図書館の行政へのサービスはなかなか進まない面もありますが、団体貸出しには「なるほど!」と感じました。


これだけ充実したサービスを行っている奈良県立図書情報館でさえ予算が減っているそうです。とくに司書の採用が20年以上なかったと聞いたときには本当に驚いてしまいました。48人の職員のうち20人が日々雇用だ、といただいた要覧に載っていました。どこも厳しい状況に変わりはないようです。


現役を引退したら図書館の近くに移り住みたいと考えている私。奈良市も候補のひとつになりました。

スポンサーサイト

伊丹市立図書館 ことば蔵 見学会

10月30日、会員8名で訪ねました。
多くの職員の方々が長時間、丁寧に説明と案内をしてくださいました。本当にありがとうございました。

「誰もが気軽に訪れて交流することができる『公園のような図書館』」を基本コンセプトに、2年前に移転改築した図書館です。

ことば蔵玄関

もともとは剣菱の蔵跡だったという「ことば蔵」。周りの街並みにも江戸時代の雰囲気がそこはかとなく漂っています。

この本館のほかに東西南北4館の分館分室があるとのこと(内2館は地元NPO による指定管理)。人口約20万人にこの施設の多さです。市内各所から自転車や徒歩で図書館に行けるのは羨ましい。

「ことば文化都市」を標榜し、「本の森構想」のもと、この図書館はできました。図書館機能の強化はもとより、人と人とが語り合い。ふれあい、学ぶことができる交流機能と、歴史・文化を発信、体感する機能を併せ持っています。
私たちが考える図書館の枠を飛び越えた、新しい形の市民交流センターです。

CIMG3099.jpg

入ってすぐに驚くのは、その広さです。余分なものがなく、様々な用途に利用できる交流フロアが1階を占めています。
ここでは、様々なイベントが開催されます。
会議室や多目的室の多さ、広さにも圧倒されます。まさに、交流センターですね。1階にはそれらとは別にこじんまりした「ぎょうじのへや」もあります。おはなし会や紙芝居の会はここで行われます。

図書エリアは2階、3階です。ゆったりした書架配置。面出しを多用したレイアウト。特に絵本は表紙を見せてあることで、きっと子どもたちが手に取りたくなることでしょう。この日はボランティアの方が二人いらっしゃいました。おはなし会ボランティアではなく、子どもたちが読んでほしい本を読んでくれるのだそうです。見守りの役割もしていらっしゃるようでした。

自動貸出機
自動貸出機です。一度に10冊まで読み込めます。

児童返本機
こちらは自動返本機の裏側。ぽんぽんと落ちてくる本は、職員の方がすかさず回収し、再度確認をされるそうです。
落ちてくるときに、本が開いてしまうこともありますが、素早く回収されるので痛みは少ないようです。

ヤングアダルトコーナー
ヤングアダルトコーナーは市内4校の高校生たちが選書、配架、レイアウトなど丸ごと企画しています。
高校の読書指導員の先生も一緒に参加されているそうです。

学校との連携も以前から積極的です。各学校の図書担当職員との連絡会が毎月1回行われています。それとは別に読書指導員会議も毎月1回開催されます。こちらは当初有志による時間外の活動でしたが、現在は勤務時間内に行われ毎回ほぼ全員が参加されるとのこと。
子どもたちに本を届けることは公立図書館では限界があるため、学校への団体貸出しを通じて本を届けるのだとおっしゃっていました。

図書修理ボランティアを図書館で養成し、簡単な本の修理はその方たちが担っているそうです。しっかりとした知識と技術を身に着け、その技術を使ってボランティアをする…素敵なボランティアの姿です。現在は初級講座を修了した方たちですが。今後さらに技術を磨く講座を開くことも考えているとのことでした。

CIMG3095.jpg
ことば蔵の企画を練る「運営会議」決まった委員はなく、誰でも参加してアイデアを出すことができます。
自分のアイデアが多くの人と練り上げられ実現していきます。

CIMG3097.jpg
毎月のイベント案内。毎月平均10件の催事があるそうです。この中に運営会議企画もたくさんあります。

CIMG3096.jpg
昭和初期に伊丹に私立図書館を作った小林丈吉氏が発行していた「伊丹公論」。今回の復刊では市民が編集をしています。


そして、私たちを魅了した「ブックカルタ」。これも市民のアンケートを基に作ったのだそうです。みんなのおすすめ本がこんな形になると「読んでみたい!」と思いますよね。

CIMG3102.jpg

CIMG3100.jpg
絵札です。対象年齢やジャンルもさまざま…というところがいいですね。

CIMG3101.jpg
上部が読み札です。絵札の裏には作者や出版社、ページ数も。


ことば蔵ができる前、旧図書館の時からの地道な活動があればこその現在だと思います。が、現場の努力だけではここまではできないのではないかとも思います。やはり、伊丹市全体で、文化・歴史・教育を中心に市の活性化を進めようとした結果なのではないでしょうか。

運営会議は毎回盛況だそうです。交流フロアはいつも市民が集っています。そんな中、図書館協議会の市民公募は定員2名に対して1名の応募しかなかったり、傍聴する人がいなかったり…。ちょっと残念。
ことば蔵の中心にある図書館の在り方は、今後のことば蔵の発展にとっても重要な課題だと思います。
これほど「参加する」ことに喜びを見出している伊丹の方です。、きっと図書館そのものの運営にも深くかかわっていかれることと期待しています。

ああ、それにしても、伊丹市の人口は神戸市垂水区より2万人も少ないんですよ。それであの図書館。あの分館の数。そしてことば蔵にかかわっている市民の多さ。私たち、もっと何かできるはずなんだよな。なんか切なくなってきた。


新しい東灘図書館を訪ねました

昨年5月には愛着ある旧東灘図書館を見学しました。
東灘図書館を見学しました

今回は9月末に開館した新しい東灘図書館の見学会です。

看板

外観

吉田館長が外出中ということで、とりあえず自由見学です。
(帰ってこられてからたっぷりとお話をうかがうことができました)

入口を入って真正面(下のフロア図で14番の書架)が返ってきた本の棚です。
これが結構迫力ある光景で、率直に言って「なんでここに?」と思ってしまいます。
利用者はカウンターで返却手続きをして、この書架まで自分で本を持っていくのですが、ちょっと遠い感じです。
カウンターの向かい側だとよかったかなと思います。

館長のお話では、開館以来利用者がかなり多く、これだけの大きさの返本書架を用意していても、土日にはあふれてしまうのだそうです。各コーナーには返本の仮置き書架も用意されていますが、そちらも一杯になるそうです。
昨年10月~11月には返本アルバイトさんが6人で対応していたそうです。(現在はアルバイト4名、ボランティア2名で返本を担当)
現在平日は1200~1500人くらいの利用者数とのことで、見学した日は“あふれている”ということはありませんでした。

しかし、この正面書架は東灘図書館の“顔”になる場所。館長も「もう少し落ち着いたらなんとかしたい」とおっしゃっていました。

震災の教訓として、地震のときに書架の奥が下がる(前に飛び出さない)工夫がされているそうです。

配置図

館内の写真撮影は許可されなかったので、パンフレットの写真ですが・・・

1階フロア、一般書のコーナー。書架の間隔が広く車椅子での移動にも余裕があります。

1Fフロア

1階東側奥の閲覧席。
1階にはこの他西側奥の参考図書のコーナーや、雑誌新聞のコーナーにも閲覧席があります。

1F閲覧席

旧東灘図書館にもあった「おはなしの部屋」 独立したおはなしの部屋を持っているのは神戸市立図書館の中でここだけです。普段はガラス張りのオープンなスペースです。おはなし会のときはカーテンを引き、入口の扉を閉めます。
児童書コーナーにはカーペット敷きの親子読書コーナーもあります。

おはなしの部屋

2階は多目的室と閲覧席のみ。閲覧席は無線LANも使えます。
開館時にはこの閲覧席を求めて行列ができるとか。朝一番の利用者にのみ整理券を配っているそうです。
5席は図書館資料閲覧等に確保しているとのことでした。

2F閲覧席

こちらが多目的室。図書館ネット例会で利用しました。
特別の利用がない時には学習室として一般利用者に開放しています。学生さんの利用が多いそうです。

多目的室

多目的室から住吉川方向を見た景色です。六甲ライナーが通っているのが見えます。
2階閲覧室からもこの景色が望めます。

景色

そして併設されている住吉だんじり資料館。東灘・住吉といえばこの「だんじり」
以前見た勇壮な「だんじりまつり」を思い出しました。

だんじり1

だんじり2

新しい図書館は明るくて清潔な感じがします。住吉川沿いという景観も活かされています。
開館にあわせて地方交付金を使って蔵書をかなり増やしたはずですが、利用者が増えて貸出が多くなり、特に児童書が少なく感じました。
大人のようにリクエストして借りるのが難しい子どもたちには本を手に取れるということが大切です。貸出が多くなると書架に残っている本が少なくなる・・・当然のことなのですが・・・。他の地区館でも同じ悩みを持っているのでは? と思います。



東灘図書館を見学しました

5月10日、総会のあと東灘図書館を見学してきました。会員7名が参加しました。

神戸市の地区館10館すべてを訪問し、見学記録をまとめたのは10年前です。当時すでに危険を感じるほど老朽化が目立ち、建物の2階と3階に位置する東灘図書館を見て、改築あるいは移転を求める活動を始めました。地域の皆さんもバリアフリーの図書館を希望していらっしゃいました。
当時の館長さんや地元の皆さんとも何度もお話を重ね、利用者の方々のアンケートもとりました。

ようやく今秋、新東灘図書館が開館するのは感慨深いものがあります。

4月1日に指定管理者制度が導入され、TRCさんによる新体制になりました。新図書館の開館にあわせるため、地区館の中で最後の制度導入です。制度導入後、図書館ネットとして二度目の地区館見学会をしてきましたが、それも今回が最後です。

吉田館長は、3月末まで垂水図書館の館長をなさっていて、私をはじめ会員の幾人かとは顔なじみです。柔らかい物腰の笑顔が素敵な館長さんです。お忙しい中、私たちの質問に丁寧にお答えくださいました。ありがとうございました。

現在、館長を含め13人の職員がいらっしゃり、新図書館も同じ体制で運営されるとのことです。
若い女性の方が多いようですが、溌剌とした明るい図書館になったように思います。3月末までの東灘図書館の雰囲気を変えないようにしていらっしゃるそうです。秋には大きな変化があるわけで、利用者の戸惑いを少なくしたいとの配慮が見えます。

女性の方が多い理由を吉田館長は
年齢がキャリアにつながる数少ない職種の一つである司書は、女性にとって魅力ある職業だから」
と説明してくださいました。経験を積んだ分だけきちんと技術が向上するということですね。「10年かかることは、やはり10年かかるんです。」とも。

現在は長年経験を積んだ司書さんが若い非正規雇用の職員を指導してくださっていますが、この先、非正規でしか働いたことがない方々がどんどん増えていく中で、どのように技術を継承していくのだろうという私たちの疑問に、会社として様々な研修制度があることを説明してくださいました。e-ラーニングを使いステップアップできる体制も整っているそうです。

また別の自治体への転勤もあり、違った運営体制の図書館で働くことができることも大きな経験になるとのことです。たしかに、公務員では他の自治体を経験することは少ないですね。

神戸市ではすべての地区館が指定管理館になり、地域のカウンターで直接利用者に接するのは業者の方だけになりました。カウンター越しにもたらされる情報は図書館運営になくてはならないものでしょう。そしてそれには数字では表せないものがたくさんあります。各職員から地区館館長を通じて中央館にいたるしくみはきちんとできているとのお話でした。あとは、カウンターに座る司書さんたちの感覚をいかに磨いていくか、です。
「それを育てていくのが私の役割です。」とおっしゃった吉田館長にキャリアを積んでこられた専門職員の自信を感じました。

中央図書館ひいては神戸市行政が、最前線で市民に接している民間業者の得たもの、感覚をどのように取り込んでいくかが、公的施設の指定管理者制度を続けていく上で重要なことだと思います。
業者の皆さんは、公務員でなくても公立図書館でで公共サービスを担っている職員である以上、神戸市行政の中の図書館運営をみきわめながら仕事をしていただけたらと思います。

神戸市の図書館が一体となって、新図書館の開館に向けて準備をなさっています。そんな中で長年親しんだ今の図書館とのお別れが近づいています。東灘図書館の利用者の皆さんが、あと数ヶ月を今の図書館で気持ちよく過ごしてくださいますように。



最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク