第5期第3回神戸市立図書館協議会

図書館協議会を傍聴しました。

日時:平成29年7月20日(木)10時~12時
場所:神戸市立中央図書館4階研究室
出席委員:8名
傍聴:2名

前回の図書館協議会(3月23日開催)は傍聴できず、湯浅先生のミニレクチャーを聞けなくて残念でした。
図書館ネットとしては、他のメンバーが傍聴し機関紙「神戸・図書館ネットワーク」に報告記事を掲載していますが、ブログには報告が書けませんでした。ごめんなさい。

今回から委員となられた方々がいらっしゃることから、自己紹介からはじまりました。和やかな感じです。

事務局からの報告
平成28年度利用実績および29年度利用見込み
 「おきしお基金」からの助成が昨年で終了し、図書購入費が2900万円の減額となっているため、購入図書数見込みが減っているとの説明。
 経常予算としての図書購入費は減額されることなくほぼ横ばい。
 委員から雑誌の購入についての質問。購入数は減らさない方針との回答あり。

議事
①28年度神戸市立図書館事業評価について
 目標と計画に基づいた実施事業に関しての図書館自己評価について、前回協議会で協議会として意見を述べ評価されたものを一覧として示された。ほぼすべてA評価。委員自身から「ちょっと甘いかな」との声が漏れた。

事業評価の議事のなかで、学校図書館支援に関連した話題が出ました。
委員から、学校図書館に関して先生方の理解がない、学校図書館の活用しきれていないとの指摘がありました。小学校の校長先生でもある委員からは、先生方の忙しさについての話もありました。
学校司書配置を担当した職員から、「学校図書館活用神戸モデル」を作成していることなどの説明されました。

学校図書館に関しては、先生の理解が進むかどうかが課題であることは、私たちも当初から言ってきました。教育委員会の皆さんはその点を十分承知しておられ、研修会や報告会など開催し学校図書館を活用した授業の具体例を先生方に知っていただく機会をつくっていらっしゃいます。

委員から、公共図書館として学校図書館を支援するには、教員に対するサービス(支援)があったらいいのではないかと意見が出ました。学校図書館法にも触れ、学校図書館が教員へのサービスも使命としていることを再確認されました。


②29年度の図書館事業計画について
 それぞれの事業に対して、目標と行動計画と評価のポイントが示された。 

 委員から「そろそろ電子書籍の導入を計画に入れてはどうか」との意見。
 それに対し図書館側から「電子書籍の形式についてはまだ流動的であるが、図書館職員が電子書籍トライアル(TRC―DL、Over Drive)を実施。ディスカバリーサービスについても体験予定におしており、慎重に検討している」との回答。

 今後高齢者が増え障がい者サービスが一般化すると予想される中、1年ごとの目標だけでなく、20年30年先を見据えた目標設定が必要との意見あり。

③図書館と書店・出版界との連携について
 前回協議会で出た意見をまとめ、次のような基本的なスタンスが示された。
 書店・出版関係者との情報交換会などの関係性を構築
 連携を市民に明示し、本を読んでほしい、買ってほしいというメッセージを双方が伝える 

 より具体的な「しかけ」についての例示もあり、委員からは市民に連携を伝える方法の提案や、「買う」と「借りる」の融合した新たな仕組みづくりの提案があった。
 また湯浅先生から資料配布と説明があった。

その他
 三宮図書館の利用者アンケートについて
 神戸市立三宮図書館移転に係るコンサルティング業務委託の一部として実施されたアンケート・ヒアリング調査の報告があった。
 
 委員からは、アンケートからわかる三宮図書館の利用者の特徴を踏まえ、ビジネス支援の高度化とともに、高齢の利用者に向けての生活支援くつろげる場としての図書館の提案があった。



神戸市立三宮図書館移転に係るコンサルティング業務委託、受託しているのはアカデミック・リソース・ガイド(ARG)です。
昨年3月に図書館ネット主催の講演会で講師をしてくださった岡本真さんの会社です。

講演会の様子はこちらをどうぞ
講演会「未来の図書館はじめませんか」ご報告

岡本さんのお話はここでもお聞きしました。2年半も前ですね。
「図書館×書店」の未来を探る著者トーク

岡本さんに初めてお会いしたのは10年以上前のことになるかな。たぶん岡本さんは覚えていらっしゃらないでしょうけど…。

誰からも何も聞いていないけど、三宮図書館の移転についてはきっと岡本さんのARG社が関わってくださるのではないかと思っていました。なんとなくの勘でしたが、当たっていましたね。



 
スポンサーサイト

第5期第1回神戸市立図書館協議会

神戸市の図書館に指定管理者制度が導入されたその年に設置された図書館協議会も第5期に入りました。(~平成30年9月まで)

6名が新委員です。第1期から引き続き委員をされるのは、安原先生だけになりました。
まず委員のみなさんの自己紹介。市民代表のお二人はかなりのハードユーザーのようです。お子さんやお孫さんと図書館を利用されているとのこと。実際に図書館を利用している市民の声が届くのはうれしいことです。

日時:平成28年11月18日(金)13:00~15:00
場所:中央図書館4階研究室
出席委員:7名
傍聴:2名


1.委員互選により会長、副会長が選出されました。
会長 安原一樹氏(兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授)
副会長 一居明子氏(「夕やけ文庫」所属)


2.報告
① 神戸市立図書館の実績の報告の前に、平成24年に文科省から出された「望ましい基準」の中から「図書館サービス」についての説明がありました。図書館サービスの中に数字では測れないものがあることを説明くださいました。
 また政令指定都市の図書館の比較(市民一人当たりの蔵書数、貸出冊数、市民100人当たりの図書館面積、および蔵書回転率)についても説明がありました。

②平成28年度上半期利用見込みと実績、および図書館事業実績の報告がありました。


委員からの質問

 ・「望ましい基準」に先立ち文科省が出した「これからの図書館像」でも言及している電子図書館について10年を経ても実現しないがなぜか
 →検討は続けている。調査費も請求している。図書館がこういうサービスをするからこのベンダーと契約したいのでこれだけの予算が必要という形で図書館が主体的に決めたいと考えている。


 ・小学校からの見学は何年生が多いのか。図書館としては何を伝えようとしているのか
 →2年生(町たんけん)3年生(国語科で図書館分類法の単元)が多い。事前に担任と打ち合わせるが学校の依頼にこたえる形。中央図書館は施設見学の様相。地区館は実際に本を借りてみる体験が主


 ・東灘図書館の閲覧席の順番について図書館資料を使う利用者を優先するのなら理解できるが、持参参考書で自習する利用者とPC持参利用者でPC持参利用者が優先されるのは違和感がある
 →限られた席数のなかでPC専用席にすることもできない。難しい問題で苦慮している。


 ・マイナンバーカードと利用者カードの統一について総務省の通達が出ているようだが(※)
 →システムの改変が必要。来夏には総務省がシステム公開予定。神戸市立図書館では現在のシステム構築言語が古くなっているのでセキュリティー対策が優先。
  
※ 正確にはマイナンバーカードのマイキー部分を活用するマイキープラットフォーム構想によるもの。
詳しくはマイナンバーカードを活用した住民サービスの向上と地域活性化の検討について (総務省)
マイキープラットフォーム構想についてはこちらがわかりやすいかもしれません。
 マイキープラットフォームによる地域活性化方策検討会(中間報告)        (総務省)



3.議事
 今期のテーマについて
 第4期協議内容を受け、「書店との連携について」「図書館のあり方、読書する環境について」を今期さらに審議する必要がある課題として事務局より提案があり、了承されました。

 次回協議会では書店と図書館の連携について専門的に取り組んでおられる湯浅委員にレクチャーをお願いすることになりました。湯浅先生から全国図書館大会第8分科会「転換期の出版界と図書館との連携・協力」に関する新聞記事コピーが配布されました。


4.その他
 神戸市立図書館における図書館カードの不正利用についての報告がありました。
 記者発表資料と神戸新聞記事並びに指定管理業者への是正指導文書のコピーが配布されました。

 この件については当ブログでもすでに取り上げています。
 新長田図書館における利用者カードの不正利用について

 是正指導文書の内容については次エントリーにて…


 
傍聴感想

今回は第1回ということで議論が深まったわけではありませんが、それでも各委員から多くの発言がありました。今後の議論の深まりに期待したいと思います。

閉会後、いつものように当会の機関紙をお渡ししご挨拶しました。何人かの方とは親しくお話もできました。
前期も委員をされていた先生が新しく委員になられた方に「この会はね、本当にまじめに勉強しているんですよ」とおっしゃってくださり、恐縮してしまいました。そのようにとらえていただいていること、ありがたく思います。


第4期第6回神戸市立図書館協議会

1週間以上前の協議会の報告です。

実は、拡大文字本を作るボランティアをしているのですが、夏休みの読書感想文全国コンクールの課題図書3作品の依頼を受けていました。、とにかく夏休み前に完成させなくてはならなくて、メンバー一同2カ月間突っ走りました。
ようやく2校に3作品(28巻です!)を送り届け、ほっとしたところです。

ということで遅れていた報告を…。

日時:平成28年7月8日(金)15:00~17:00
場所:神戸市立中央図書館4階研究室
出席委員:8名
傍聴:10名

今回の傍聴者は定員いっぱいの10名。2名は図書館ネット以外の方です。

4月に中央図書館の体制が新たになって初めての協議会です。笹井新館長からご挨拶がありました。
行政のミッションとして教育委員会は「教育日本一の街」、神戸市は「若者から選ばれる街」を掲げており、そのミッションをはたすために図書館として新たな価値を創造していきたい。図書館の機能の中で社会的アーカイブが重要な機能と考えていると力強くお話しくださいました。

具体的な数字などの詳細は中央図書館HP協議会のページに掲載の配布資料をご覧ください

事務局から報告
平成27年度利用実績および平成28年度見込みについて
 ・自動貸出機は全巻での導入完了
 ・副本 全館で55冊→1館3冊、上限33冊に変更
 ・予約可能件数 インターネットとカウンター受付合計20冊までに変更

議事
①平成27年度図書館事業評価(案)について
 図書館事業の目的と行動計画、その評価指標が示され、実績の説明と図書館の自己評価が書かれています。
 委員から次のような質問や意見が出されました。
・返却しやすいことが利用者の借りやすさにつながる
・予約本受け取りコーナー(返却も可能)の広報が行き渡っていない
 ホームページはみない人も多いのではないか
・書店での返却を提案していたが実現していないのはなぜか?
・児童養護施設に聞き取りをした要望の内容は?

 事務局からの回答
・谷上駅の返却ポストの実績が伸びなかったため書店への返却ポスト設置の予算を計上できなかった。
  →委員からはそもそも谷上駅の返却ポストの設置場所がわかりにくい、乗換乗客は通らないところにあると指摘
・予約本受け取りコーナー、返却場所について広報の仕方を検討する
・児童養護施設について図書館の既存サービスの中で提供できるものはないかと考えていたが、団体貸出しなどは施設側の手間が増えるだけとのお話だった。

②平成28年度事業計画について
図書館事業の目的と行動計画、その評価のポイントが挙げられています。
事務局から、前回の協議会での委員の指摘を踏まえ、評価のポイントに利用者、参加者の声を入れたとの説明
委員から、重点事業は特に広く広報することで利用につながるとの意見

③第4期図書館協議会協議内容について
これまでに公表されている議事録を基に「4期協議のまとめ」を出すことになりました。



傍聴の感想
今期最後の協議会でした。何か一つの課題についての答申を出すということはありませんでしたが、毎回活発な意見交換がなされたと思います。事務局とは別に配布資料を用意される委員もいらっしゃるのです。今回も出席された委員すべてが発言されていました。

笹井館長は「予算を取ってくるのが私の仕事」とおっしゃっていました。協議会で出た意見を実現するためにも、予算を取るのは大切なことです。神戸市にも議会にも図書館の重要性を理解していただけるような企画力も必要でしょう。職員のみなさんの奮起に期待したいと思います。

今期で協議会を去られる委員が何人かいらっしゃるとのことです。大月先生もそのおひとりです。長らく続けてこられた「鴨の子文庫」を閉じられたと聞きました。「図書館の働きが充実してきたことも文庫を閉じると決心することの要因の一つ」と最後のご挨拶でおっしゃっていました。1960年代からの文庫活動が今の公立図書館の充実(まだまだ課題はありますが…)につながったのですね。大月先生、本当に長い間ありがとうございました。これからも私たちにご助言いただけると嬉しいです。

委員の方から「毎回これほど傍聴者がいるということはこの協議会にとって大切なこと」との声もありました。私たちにできることは小さなことですが、しっかり傍聴しみなさんにご報告していきたいと思います。


第4期第5回神戸市立図書館協議会

図書館協議会を傍聴してきました。

日時:平成28年3月10日(木)15:00~17:00
場所:中央図書館4階研究室

出席委員7名
傍聴3名

傍聴3名は図書館ネット会員です。先日入会したばかりの会員も!
傍聴していると時々、「そういうことだったのか」「そんな大変なことになっているのか」と初めて知ることがあります。反対に「そこのところもう少し説明しないと委員さん勘違いしたみたいだよ」「そうじゃない。利用者はこう感じている」と思うことがあります。
傍聴していて感じたことを、私たちの活動に活かしていくためにも、私たちの活動にとって協議会の傍聴は大切なものです。


さて、まずは11月22日(日)に実施された「利用者アンケート」の集計結果の報告です。
昨年度は平日の実施だったので、平日と日曜との比較ができます。
利用者の年齢層や職業、来館目的や滞在時間など、かなりの違いがあるようです
。また満足度ではほとんどの項目、ほとんどの館で日曜日だった今年度のほうが低くなっています。利用者が多い日曜日には職員が忙しくて行き届かないのかもしれません。

委員からはアンケート項目として「機能面」をとりだして尋ねてもいいのではないかとの意見が出ていました。確かに地区館はそれぞれの立地の違いから求められる機能が違っているのではないかと推察されます。その地域に適したサービスをしていくために、利用者が求めていることを調査し検討する必要がありそうです。


次に「平成26年度事業評価」についてです。
前回の協議会で委員それぞれが各評価項目について検討することになっていました。配布資料には評価項目とともに評価基準と図書館の自己評価が書きこまれています。ここまでは前回協議会で示されていました。そこに、委員の評価とコメントが追加されました。委員のみなさんがどのような視点で評価していらっしゃるのかがわかり興味深いものになっていました。
それを基に、ひとつひとつ協議会としての評価を定めていきました。
図書館の自己評価とは異なることになったものもありましたが、その過程を知ることができたことは傍聴していてよかったと思います。

図書館が学校司書の研修を実施したということで、委員から学校司書が入って変わりましたかとの質問がありました。委員である小学校、中学校の校長先生お二人が以前とはすっかり変わった学校図書館の様子を紹介されました。子どもたちが「図書館みたいやなあ!」と言ったとか…。
協議会の最後に三木館長が、学校図書館が配置されてから児童の図書館利用がかなりの割合で増加しているとお話しされました。

長年、学校司書の配置を訴えながら理解されなかったのに、あの日、あの時、政策が一変したことを思い出しました。あの2か月ほどの間、人知れず奔走したことがこのような結果につながったことを思い、感慨深く皆さんのお話を聞いていました。そして、制度構築にあたって、あの短い期間でここまできちんとしたものにしてくださった神戸市職員の並々ならぬ努力に改めて感謝しています。


もう一つ大事な議事、継続して検討している「図書館が果たす読書支援について」は今回は時間がなく次回に持ち越されました。

協議会終了後、三宮地区再整備計画について説明がありました。三宮図書館が整備地区内にあることから、この機会に三宮図書館の課題(狭いことなど)を解決したいとのことでした。来年度予算に地域内の公共設備に関する調査費が計上されていることが報告されました。


三木館長、常新総務課長、松永利用サービス課長が今年度で定年退職されます。三木館長がご挨拶され、これからの図書館への励ましの言葉がありました。トップ3が一度に退職されるのはあまりないことです。私でさえさみしい気持ちになります。職員の方がたはなおさらでしょう。本当にお世話になりました。ありがとうございました。





傍聴感想

利用者アンケートは毎年実施されており入念な集計がされています。前年度との比較はしても、多年度を比較検討することはないようです。その都度の結果に一喜一憂するのではなく、せっかく長年続けているアンケートなので、数年分を比較して傾向の変化を検証してみると、見えてくることが多いのではないかと思います。また利用者アンケートを検証して、具体的な改善策を示したり、改善した結果どうなったかが説明されれば、アンケートの価値がぐっと上がるのではないでしょうか。
神戸の図書館はどんどん使いやすくなってきていると感じていますので、当然そのようなことは行われているのでしょうが、具体的に「アンケートから見えてきたこの課題をこんな風に改善し、その結果はアンケートにも表れています」とアピールすればいいのになあと思います。

事業評価はそのほとんどが、事業を実施したかしなかったかが評価基準になっています。委員からも、実施した結果図書館利用者が増えたのかとか、利用者の評価はどうだったかと質問がありましたが、つまり、したかしなかったかが重要なのではなく、それがきちんと結果につながったかどうかが問題なのだと思います。図書館サービスの評価は協議会でも何度も議論の対象になっており、たしかに数値で表せないものについて評価することは難しいと思います。しかし、その事業がどのような結果をもたらしたかを示すことができるものもあるでしょうから、評価基準に入れていただければよりよい事業評価になるのではないでしょうか。

第4期第4回神戸市立図書館協議会

図書館協議会の傍聴報告です。

日時:平成27年12月10日(木)15:00~17:00
場所:中央図書館4階研究室

出席委員6名
傍聴2名

12月とは思えない暖かい一日でした。
午前中、拡大文字本製作ボランティアの作業に参加してから、中央図書館に急ぎました。
協議会はいつものように、報告からはじまります。

報告
平成27年度事業の実施状況
・平成27年度の利用見込み及び上半期の実績
 利用見込みはほぼ達成される予想とのこと。
 小学生以下へのインターネットサービスが11月1日から始まったので、今後利用が増えると予想しているそうです。
 (小さい子どもたちへのサービス開始には丁寧な説明が必要とのことで、夏休みをさけ11月開始とした)
 神戸市の広報印刷物等については、市民情報サービス課と調整して全点収集しているとのことです。

・平成27年度の図書館事業計画
 事業計画は目標と行動計画が細かく示されており、上半期の実施状況・実績も一覧にまとめられています。
 いくつかの事業の内容に委員から質問がありました。

・市民満足度調査の実施
 11月22日(日)に各館で実施。現在集計中とのことです。
 昨年委員から、日曜日実施の提案があったため、今年は日曜日に行ったとのことです。

次に議事に移りました。
・平成26年度の事業評価について
 26年度の図書館事業の目標と行動計画に対して、実施状況・実績が示され、それに対する項目ごとに図書館が自己評価をしています。それらの項目について協議会としての評価をする予定です。
 評価基準は
A…計画通り実施し、一定の成果があった
B…概ね計画どおりだが、不十分な点や課題が残った
C…不十分な点や課題が多く、計画どおりにいかなかった

 委員それぞれが評価をし、それを集計して協議会としての評価とすることが決まりました。

・図書館が果たすべき読書支援について
 委員から、さまざまな意見や質問が出ました。

 これまで図書館を利用しなかった人へのアプローチが必要では?
   図書館から遠い地域には自動車図書館が巡回、停留所を再編した
   図書館ナビを作成し図書館内に置いているが、図書館以外の場所にも配布する必要があると考えている
 徒歩圏内とそうでないところではアプローチが異なるのでは?
   予約本を受け取れる市民図書室を増やしている
   返却ポストを設置している
 ホームページにYAのページやビジネスマン向けのコンテンツが必要
   地域館ごとのページを作成。今後さらに検討する
 児童館を活用してはどうか
   本の管理や運営に児童館側の協力が必要であり、現状では難しい

 幅広い多くの意見が出ましたが、もう少し絞り込んでできることから検討しようということになりました。



傍聴の感想

事業評価について、昨年は協議会の席上でそれぞれに対する評価を決めていく方法でしたが、今年は委員のみなさんに事務局から資料を送り、個別に質問にも答えるとのことです。
委員それぞれが評価しようとすれば、事業内容への理解も深まりそうです。

行政資料は本来全点収集すべきだが、なかなか協力してもらうのが難しいというお話を長年聞いていましたが、行政担当課と調整して全点の収集ができるようになったのは、大きな成果だと思います。

読書支援について、以前の協議会で障害者総合支援法の本格施行に対応するための協議がされていたと記憶しています。それに関連して今回の配布資料の中に点字図書館関係の資料が添付されていました。
しかしながら、今回の協議では全く触れられませんでした。
図書館としては、点字付き絵本の収集や子供向け大活字本の購入、児童養護施設への行事案内などを始められているようです。
前にも指摘したように、神戸市立図書館には障がい者サービスの担当者がいません。その中で、来年4月に本格施行される法律に対応したサービスを構築するのは、かなり難しいのではないかと思います。


最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク