広報誌「KOBE」5月号の巻頭特集は図書館

神戸市の広報誌「KOBE」がリニューアルされ、その最初の巻頭特集として図書館の記事が掲載されました。

この表紙ちょっといいでしょう?
広報誌KOBE5月号

広報課の一本さんが中央図書館の司書の大黒さんに質問しています。
  「以前よりずっと便利になった図書館。使わないと“損”ですよ。分からないことは何でも聞いてくださいね。」とアピール!

知ってますか?最近の図書館(「KOBE」5月号2,3面)

図書館カードの作り方や図書館サービスの紹介など、基本的な情報が載っています。
子ども連れでは入りにくい・・・という質問に応えるように、読み聞かせボランティアと子どもさんと一緒に利用されているお母さんのお話も。

神戸市の全戸に配布される広報誌です。これまで図書館に関心がなかった人にも読んでもらえたかな?

ただ、ちょっと残念だったのは

「最近の図書館」と書いてあるのに、新しいサービスの感じがしない・・・。
中央図書館のほかにも地域に図書館があるということがよくわからない・・・。
子どもたち対象のおはなし会はボランティアや職員が各図書館で行っているのに、紹介のあったグループだけが中央図書館でやっているみたい・・・。
だいたいあまり楽しそうじゃない・・・。


皆さんに知らせたい情報がたくさんある中で、初めて図書館を使う人のための情報を絞り込んだということなのでしょう。
たしかに、あれもこれもと欲張るとわけがわからなくなりますものね。


図書館の「わくわく」「ドキドキ」が紙面から伝わればもっとよかったと思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク