「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」改正案に関する意見募集

文部科学省で検討されてきた「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」(以下「望ましい基準」とします)についてのパブリックコメントの募集が始まっています。(9月21日まで)
改正案はこのパブリックコメントの実施を経て、10月中旬には公布・施行の予定だとのことです。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000606&M

今回全面改定の予定の「望ましい基準」。新旧対照表も関連資料として上記サイトに公表されています。
現在の「望ましい基準」はコチラ


図書館法第7条2では以下のように規定しています。
「文部科学大臣は、図書館の健全な発達を図るために、図書館の設置及び運営上望ましい基準を定め、これを公表するものとする。」

昭和25年に定められたこの条文が実際に「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」として告示されたのは平成13年7月のことでした。その後、図書館法が改正されたり指定管理者制度が導入されるなど、図書館を取り巻く状況は大きく変わっています。また図書館へのニーズも多様化しています。それらを受けての改正案です。

日本図書館協会が「望ましい基準」策定に対しての意見を公表しています。ご参考までに。
「図書館の設置及び運営上望ましい基準」策定についての意見




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク