図書館は知の宝庫・学校の環境整備を急げ

図書館についての片山総務大臣の発言が続いています。
読売新聞1月12日朝刊に、片山義博氏(総務大臣)、福原義春氏(文字・活字文化推進機構会長)、肥田美代子氏(童話作家)の新春鼎談「学校図書館 改革元年に」が掲載されました。

各所のご尽力で、その内容をweb上で読むことができます。
新春鼎談

片山大臣肝いりの「住民生活に光をそそぐ交付金」について、
「地域の活性化には、一人一人の住民、人間が輝かないといけないのに、そこには目が向きにくい。その代表例が図書館や文化芸術の分野です。」「中でも図書館はこれまで予算削減の対象になり、司書が正規職員から非正規になったり、外部化されたりすることが横行していました。地域の知的基盤となる図書館はきちんと整備すべきです。」
と、交付金のねらいを語っておられます。

学校図書館はもちろん、学校図書館をささえるためにも公共図書館の充実が大切なのです。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク