高知市民図書館訪問

県立図書館を訪ねた翌日、高知市民図書館を見学しました。
こちらも高知城のすぐ近くにあります。

新図書館建設の計画がすすんでいるそうです。この記事の最後にそのことにもふれようと思います。


高知市立図書館1

点字図書館と同じ建物です。特に連携しているというわけでもないとか・・・。
高知市立図書館2

成人室の入口にはカートがあります。
高知市立図書館3

窓が多く、明るいお部屋です。
高知市立図書館4

入口近くでは「近世の土佐を知るためには」の資料展示。
県立でも同じテーマでやっていましたね。
高知市立図書館5

こども室です。奥にはたたみのコーナーがあります。
高知市立図書館6

こども室の前ではハロウィーンにちなんだ魔女の本がたくさん
(訪問したのは10月です・・・)
高知市立図書館7

こちらは「世界の昔話」の展示
高知市立図書館8

こども室入口はこんな感じ
ハロウィーンの展示と世界の民話の展示の間を抜けて、こども室に入っていきます。
高知市立図書館9

市民図書室は出版もしています。
神戸市立図書館10

今年5月~9月に4回にわたって開催された「日曜こども童話教室」で子どもたちが作った作品です。
かわいいお話がたくさんあって、子どもたちの楽しんでいる様子が目に浮かぶようです。
神戸市立図書館11

高知市立図書館12

「新図書館等複合施設等基本設計の概要」のパンフレット
市民図書室においてあるのをもらってきました。
新図書館概要

新図書館整備関連情報はこちらで読むことができます。
http://www.library.city.kochi.kochi.jp/kcclib_doc/seibi.html

高知の状況を深く理解していないのでなんとも言えないのですが、パンフレットなどを見る限り、設計上新図書館には県立と市立の区別がないようです。基本コンセプトには「それぞれの役割り分担を明確にしながら連携してサービスを提供する」と書いてあるのですが、具体的にどうなるのか、ちょっと想像しにくい・・・。

神奈川県では県立図書館の閲覧・貸出しサービスを廃止する構想が打ち出されました。
県民利用施設の検討の方向性に関する説明資料(P.5の32、33)
関連情報(カレントアウェアネス)

県立図書館をめぐる問題はどこの都道府県にもあります。都道府県立と市町村立の図書館の役割をきちんと整理して、市民や行政が理解しなければ問題は解決の糸口さえ見つからないのでは? 

観光客としての感想でしかありませんが、高知県立図書館のあの素晴らしい建物がなくなるのは、寂しい気がします。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現在の高知県立図書館の建物そのものはなくなりませんよ。転用で他の施設になると思います。

Re: No title

> 現在の高知県立図書館の建物そのものはなくなりませんよ。転用で他の施設になると思います。

そうですか。あの素敵な建物を別の施設として活かしてくださるのですね。
高知を再訪する機会がありましたら、是非立ち寄らせていただきます。

教えてくださってありがとうございます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク