神戸市立小中学校への学校司書配置について

本日午前中、神戸市会文教子ども委員会を傍聴してきました。

時折、傍聴に行きます。本会議の他は、文教子ども委員会(以前は文教経済委員会)専門ですが・・・。
今日は本年度の事業概要の説明がほとんどなのですが、委員からは様々な質問が出ていました。
ほとんど皆さん発言なさったのではないでしょうか。

その中で、自民党の平野章三議員が学校司書の配置に関して質問されました。

すべてを筆記できなかったので、言い回しなど正確ではないかもしれません。後日公表される議事録を確認してください。


>>>以下、平野議員と教育長の発言内容<<<

平野議員:学校図書館について、10月に学校図書館アドバイザーについて答弁があったが、学校司書を配置するべきと思うがどうか。国から財政措置もされていて、他都市では配置に動いている。他都市を見ながら研究するという答弁をしているが、どうするのか。

教育長:学校図書館アドバイザーはボランティアと司書教諭のパイプ役として一区にひとり11月から配置予定。配置後課題を検証の上、学校司書配置を検討したい

平野議員:学校図書館は本来学校図書館の中で教育していこうとするもので、学校司書を専任でおくべき。実際に学校図書館で読み聞かせを含めてのボランティアが活躍している学校に配置することが重要。情報を収集し、ボランティアと協議してやってほしい。またモデル校を決めて学校司書とボランティアの連携をしてほしい。

教育長:子どもの読書活動の推進に力を注いでいるグループと相談しながら検討したい

>>>ここまで<<<



5月24日に平野議員がブログに学校図書館に専門家が必要との内容の記事を載せられたのですが、神戸市独自の認定制度を設けボランティアの協力で学校図書館を運営するというお考えようでした。
わたしたちはこのことを全く知らなかったのですが、図友連でのつながりから、学校図書館を考える会・横浜の方がお知らせくださいました。

早速、こうべ子ども文庫連絡会と連絡を取って平野議員に資料を持参し、司書教諭と学校司書の違いを説明し、地方交付税措置がなされていることなどを伝えました。資料はこれまでも教育委員会や、そのときどきの文教委員の市会議員さんにお届けしてきたものとそれほど違いがあったわけではありませんが、平野議員には初めてお届けするものもあったかもしれません。

その後文庫連は教育委員会に懇談を申し込み、6月24日に懇談することができました。学校司書配置の要望書を何度も出していることもあり、懇談を快諾していただけました。
終始和やかな雰囲気で、学校司書、学校図書館に関する意見交換ができました。

以上のような流れの中での本日の委員会での質疑応答でした。


はっきりと「学校司書配置を検討」と発言があったことは重要だと思います。また「アドバイザーを配置した上で課題を検証の上、検討する」というのは、今までの「研究する」という発言とは違います。
最後の「子どもの読書活動の~グループと相談しながら検討」というのも、今までになかったことです。現場の意見を聞こうということですから前進と捉えたいと思います。

まだ具体的な発言はなく、予算が計上されるまではなんともいえません。
しかしながら、今日の教育長の答弁からは少し光が見えてきたように感じました。

これまでも、何人もの議員が学校図書館に関するわたしたちの話を聞き、文庫連主催の学習会に参加してくださいました。それは十数年も前からのことです。市会でも何度か質疑応答がありました。
教育委員会にも学校図書館の活性化に取り組んでくださっている職員がいらっしゃいます。
皆さんのご尽力に感謝しています。
本当に学校図書館に専門・専任の学校司書が配置され、きちんと制度が確立するまで、多くの皆さんと協力しながらわたしたちはわたしたちにできることを根気よく重ねていきたいと思います。




かねてより懸案だった学校司書の法制化についての動きについて追記しておきます。(7/13)

6月12日、参議院会館にて「子どもの未来を考える議員連盟」総会が開かれ、衆議院法制局から「学校図書館法の一部を改正する法律案(仮称)骨子案」が提示されました。

(骨子案)
一 学校司書
1 学校には、司書教諭のほか、児童又は生徒及び教員による学校図書館の利用の一層の促進を図るため、専ら学校図書館の職務に従事する職員(2において「学校司書」という。)を置くよう努めなければならないこと。
2 国及び地方公共団体は、学校司書の資質の向上を図るため、研修の実施その他の必要な措置を講ずるよう努めなければならないこと。

二 施行期日
 この法律は、〇〇〇から施行すること。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学校司書配置の予算案

18日に神戸市の平成26年度当初予算案が公表されました その中で学校司書配置の予算2410万円が計上されています。 http://www.city.kobe.lg.jp/information/about/financial/yosan/img/26satei.pdf (こちらの3ページ目に記載があります) 学校図書館の活性化および子どもの読書活動推進という新規事業で、専任の...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ごぶさたしております。

しぶちゃ様

コメントありがとうございました。
こちらこそご無沙汰しています。またお会いできる機会があるといいですね。
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク