学校司書配置決定!

27日に神戸市会において平成26年度予算が成立しました。
28にちの図書館協議会終了後、委員さんたちに教育委員会事務局から報告がありました。
さあ、いよいよ学校司書配置に向けて始動します。

主な内容は次の通りです。

市内小学校20校、中学校10校に専門専任の司書をモデル配置
・5月ごろ募集を開始し、採用決定後必要な研修を経て10月配置予定
・関係各部署からなるプロジェクトチームを設置し学校図書館を支援する
・プロジェクトチームには神小研、神中研図書館部の先生にも入ってもらう
プロジェクトチームは学校図書館活用計画「学校図書館活用神戸モデル」を作成し普及を図る
学校司書には採用後も定期的な情報交換や研修の場を設け資質向上に努める
教員に対しても情報提供や研修を行う
司書教諭と学校司書、管理職、その他の教員、ボランティアの役割分担を明確にし、それぞれが連携を図りながら子供の読書活動を効果的に進めるための仕組みづくりを行う
・学校図書館のコンピューター化を進める


これを見ても子供の読書活動推進と学校図書館の活用に対する教育委員会の並々ならぬ意欲が感じられます。

モデル配置というのは、今回の成果を見て次年度からの配置を検討するということです。
「司書教諭と学校司書が車の両輪となって学校図書館を充実させるようなんとしても成果を出します!」と教育委員会の担当職員さんがおっしゃっていました。

教育委員会事務局と私たちとの懇談でも、学校司書の研修もさることながら、先生方が学校図書館や学校司書のう役割を十分理解していただくことが重要との考えは一致していました。
司書教諭と学校司書の役割分担を明確にすることや、ボランティアとの関係性も明らかにしておかねばなりません。
教育委員会事務局がその認識を持って仕組みづくりをしてくださることに期待しています。




私の家族に報告したところ「本当によかった。何年かかった? 15年? 16年? あきらめないって大事やね!」と言っていました。本当にその通り。「学校図書館に司書を」と思い続けてきましたが、実はまだまだ実現は先だと思っていました。本当にあきらめないって大切です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク