新・こうべっ子読書活動推進プラン!

少し前のことになるのですが…
3月末に「第3次神戸市子供読書活動推進計画(新・こうべっ子読書活動推進プラン)」が公表されました。
↓のサイトに掲載されています。

第3次神戸市子供読書活動推進計画について

計画概要にはわかりやすく書かれていますが、ぜひ計画そのものを読んでみてください。ページ数が多くて大変ですが、教育委員会の意気込みがわかります。

3次計画では「子どもへの読書活動推進の取り組み」「子どもの読書活動を支える大人への取り組み」を基本的な視点としています。子どもに対しては家庭、地域、身近な施設、市立図書館、学校園それぞれの取り組みがきめ細やかに計画され、大人に対しては教員、保育士、司書などの職員とボランティアそしてNPOなどの事業者とに分けて具体的な方策が述べられています。また保護者への情報提供の重要性もしっかり書かれています。

図書館ネットが最も関心を寄せている市立図書館と学校図書館についても詳しく計画が示されました。
とりわけ、今年度から学校司書が配置されることが決まった学校図書館については、教員、司書教諭、学校司書、ボランティアの役割を明確化したうえで、それぞれを強力にサポートして、子どもたちの読書環境を整備を行うという内容になっています。

学校図書館の環境を整備し、学校司書配置を受けて学校図書館を活用した授業を展開するとともに、市立図書館とのさらなる連携をを進めていくことになります。学校図書館を支援するプロジェクトチームの設置については以前にも触れましたが、支援の仕組みが図示されています

学校図書館支援のネットワーク

さあ、私たちも神戸の子どもたちを支える大人として活動を続けていきましょう!

~いつでも、どこでも、どの子にも、
       本へのとびらをひらきます~




この計画策定に先立ち、素案に対する意見募集がありました。
その結果がホームページに掲載されています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/education/preservation/kodomodokusyo/ikenbosyu-kettuka.html

15人から43件の意見が寄せられたそうです。私も個人的に意見を提出しました。
それら意見の一つ一つに丁寧に市としての考え方が示されています。こちらもぜひご覧ください。

意見の概要および意見に対する市の考え方

この中で、学校司書は一日6時間程度の勤務を考えていると述べられています。
募集要項が出るのはまだ少し先ですが、週5日・一日6時間の勤務体制になるようです。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク