学校図書館法改正法案 衆議院文部科学委員会を通過!

本日平成26年6月11日(水)衆議院文部科学委員会において
 超党派で提出された「学校図書館法の一部を改正する法律」が審議され、原案が全会派の賛成で可決されました。
明日の衆議院本会議を経て、参議院に送られ、今国会会期中(6月22日まで)に可決・成立する見通しです。

審議の様子は録画で見ることができます。
衆議院インターネット審議中継

7会派が附帯決議を提出し、これも全会一致で可決しました。

これまで学校司書には法的根拠がありませんでしたが、この法案が成立すれば状況が変わります。
一方で、法制化に危惧を抱く方々もいます。
また「学校司書」という資格はないままです。付帯決議にもあるように、資格の在り方の検討はぜひとも必要だと考えます。



法案内容は以下のとおりです。 

一 学校司書
 1 学校には、司書教諭のほか、学校図書館の運営の改善及び向上を図り、 児童又は生徒及び教員による学校図書館の利用の一層の促進に資するため、 専ら学校図書館の職務に従事する職員(2及び附則において「学校司書」と
 いう)を置くように努めなければならないこと。
 2 国及び地方公共団体は、学校司書の資質の向上を図るため、研修の実施 その他の必要な措置を講ずるよう努めなければならないこと。
 二 施行期日
 平成27年4月1日から
 三 その他(検討条項を附則におくこと)
 国は、学校司書の職務の内容が専門的知識及び技能を必要とするものであることに鑑み、この法律の施行後速やかに、新法の施行の状況等を勘案し、学校司書としての資格の在り方、その養成の在り方等について検討を行い、そ の結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。


6月27日追記

2014年6月20日、参議院本会議において賛成239票反対0票で可決・成立しました。

これにより学校司書が法制化されました。
各地での学校司書配置に向けての動きに注目していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク