下関市立中央図書館が直営に戻ります

下関市立中央図書館が来年度より現在の指定管理から直営に移行することが、9月8日の市議会文教厚生委員会で公表されました。
図友連のMLで知りました。

図友連についてはコチラ↓
図書館友の会全国連絡会ホームページ

山口新聞にも記事が掲載されています。
山口新聞/ニュース

記事では
「指定管理による運営では人件費が抑制され、利用者に対応したサービスやレファレンス(調べもの相談)などの充実を推進することが難しいと判断。」とあります。

中尾友昭市長のコメントとして
「これまでの指定管理者も良くやってくれたと思うが、図書館についてはビジネスになじまないお金に換算できないところに価値があるので、市として責任を持って運営をやるべきではないかと感じていた。市の方針が変わったということだ」とも載っています。

理由として挙げられていることは、私たちが当初から言い続けていることです。市の皆さんもわかっていたはずなのでは?
でも、始めちゃったんですよね。
でもでも、一度始めたことを検証して方針転換なさると。きっと容易ではなかったと思います。
下関図書館友の会をはじめ、多くの利用者の地道な活動があったからこそ、行政も市民も「お金に換算できない価値」を認めるに至ったのだと思います。

指定管理になって利用者数や貸し出し冊数が増えているのだそうです。指定管理の期間中に得たこともたくさんあると思います。来年度からは指定管理のいいところと直営のいいところを融合させた、新生下関市立中央図書館になるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク