図書館があなたを助けます

3月は「自殺対策強化月間」
神戸市では民間企業やNPOなどと協力してさまざまな取り組みをしています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2011/02/20110223138601.html

三宮図書館が保健福祉局との協力で「自殺」や「うつ病」の関連図書を集めたコーナーを設けています。
(3月1日~31日)
テーマはずばり
図書館があなたを助けます

神戸市は昨年9月の自殺予防週間にもさまざまな取り組みをしています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/institution/institution/library/event/jisatsu_yobou.html

三宮図書館はこのときにも取り組みに参加しました。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/institution/institution/library/event/jisatsu_yobou.html

「自殺したくなったら、図書館へ行こう」
If you feel like shooting yourself , don’t . Come library for help instead.
この衝撃的なアメリカの図書館のキャッチフレーズを日本に紹介されたのは、元日本図書館協会理事長の竹内(さとる)さんです。
そして、それを初めて実践されたのが滋賀県の東近江市立能登川図書館
初代館長の才津原哲弘さんでした。
以来、各地の図書館へとその実践は広がって行きました。


自殺という究極の選択をしてしまうまえに、図書館で解決の糸口を見つけてくださいますように・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク