学校図書館問題研究会 公開学習会参加してきました。

11月29日、学図研兵庫支部の公開学習会「学校司書って、こんな仕事!」に行ってきました。
こうべ子ども文庫連絡会代表、副代表と一緒です。(二人とも図書館ネットの会員でもあります)

学図研公開学習会20141129

灘中学校灘高等学校学校図書館が会場です。
昨年改築されたという、新しくて広くて、すてきな学校図書館です。

会場に入るとたくさんの参加者であふれていました。92名の参加だとのことででした。阪神間はもとより、京都や岡山からの参加者もありました。すごい熱気です。
これまでは神戸市の公立学校の司書教諭、学校司書の参加がなく寂しい思いをしてきましたが、今回は7名が参加されました。

とりあえず、ざくっと図書館内を見学。
有村架純さんの初舞台「ジャンヌダルク」のポスターが貼ってありました。白井晃演出、中島かずき脚本とくれば、舞台好きとしては見に行きたかった舞台です。今月はいろいろあって見に行けません。残念!(って、まったく余談です…)

書架のデザインもすてきですし、ちょっと一段下がったコーナーは落ち着いて読書ができそうです。当たり前のように東大、京大の赤本が並んでいるのはさすが!です。「席取りはしないで」なんていう掲示があって、日ごろの盛況ぶりをうかがわせます。

さて、本題。
まずは飯田寿美さんの「学校図書館ってなんですか?」
40年以上も学校司書をしていらした飯田さんが考える「学校図書館とは?」についてのお話です。

学校図書館は「図書館」。だから「公共図書館とは何なのか?」から解き明かしていかれました。本は「時空を超えた文化」であり、「図書館は文化である本(情報)を、すべての人がすべての人が利用できることを保障する民主主義の基盤」なのだと。歴史上たびたび起こった焚書と焚書が行われるわけを話されているときには、不覚にも涙が出そうに…。

権力者が情報を独占するのではなく、多くの市民が公平に情報を得ることができる、それを実現してくれているのが図書館。私が、図書館を応援しているのはこれが理由なのです。

では、学校図書館とは何でしょうか。
「人が生涯にわたって、生きるために必要な知識や情報を主体的に摂取し、駆使できる生涯学習能力を身につけることが、学校の仕事だとするならば、それを応援するのが、学校図書館の仕事」
これは、塩見昇先生のお言葉だそうです。

そのうえで学校司書の基本の仕事は
・知る喜び、読む楽しさを伝える
・知の財産としての書物への驚き、期待を育む
・プライバシーが守られる環境を整える
・ネットワークを駆使した読む権利を保障する
・問題解決の力を養う


ことです。ことに、プライバシーが守られないことに気づくのは、かつてプライバシーが守られた経験のある人であるという飯田さんの言葉が胸にしみました。学校図書館でプライバシーが守られる経験をした子どもたちが増えてくれることを願っています。


次は内川育子さんの実践報告です。長年豊中市で学校司書をされている内川さんの報告は何度も聞いています。毎回、生き生きとした子どもたちの様子が目に浮かぶような報告です。
担任の先生とのコミュニケーションがうまくいっているのは、内川さんの研究熱心さによるものではないかと思っています。
各教科の単元の内容を事細かに把握されていて、依頼がきてもすぐ対応できるように準備されているとのこと。「次の単元ではこんなサービスができます」と提案されることも多いそうです。
具体的な実践の資料もたくさんいただきました。学習会に参加されているのはほとんどが学校司書さんですから、参考になったと思います。

アニマシオンの実演は本橋範子さん
これはここで説明してもうまく伝わらないと思うので、皆さんも機会があればアニマシオンを体験してください。
普段は30人くらいでするプログラムを90人! ですから、本橋さんは大変だったと思います。お疲れ様でした。楽しい時間でした。

最後は各地の情報交換。
多くの地域からの参加でしたがそれぞれ一人ずつが代表して報告されました。
2校勤務だったり、一日4時間勤務だったりで、すべき仕事ができないという悩みを抱えていらっしゃいます。司書連絡会がないところもたくさんあるようですし、研修が保障されていないところもあります。
そんな中でも、こうして自主的に学習会に参加されているのです。市民としてこれを応援しないということができるでしょうか。
神戸市の学校司書さんたちを応援するためには、私たちも勉強して、知識を持たなくてはなりません。
公開学習会を開いてくださった学図研兵庫の皆さんにお礼申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク