第6回KOBEブッククラブ(読書会)ご報告

12月6日(土)に開催した第6回KOBEブッククラブのご報告です。

参加者8名。会場は婦人会館です。
リピーターあり、初めての参加者あり、本を囲んでの楽しいひと時を過ごしました。

今回のテーマは「希望(のぞみ)」
いつものようにテーマに沿ったおすすめ本を持って集いました。

461個の弁当は、おやじと息子の男の約束。(渡辺俊美)
   マガジンハウス
書店ガール、書店ガール2(碧野 圭)PHP文芸文庫
自閉症の僕が跳びはねる理由(東田直樹)株)エスコアール出版部
ひとりもの(長谷川如是閑)学芸社 文芸全集第2巻
ロビンソン・クルーソー(D.デフォー)福音館書店
ロビンソン・クルーソー(下)(D.デフォー)岩波文庫
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち(飲茶)
   株)マガジン.マガジン
刑務所のリタ・ヘイワース(スティーブン・キング)
   新潮文庫 ゴールデンボーイ所収
・図書室から始まる愛(マドマ・ヴェンカトラマン)白水社

CIMG3174.jpg

大人になって改めて全巻を読み通し、こんなに深い意味があったんだと気づかされたという方。

一冊の本のたった一言に心励まされたと、その一言を教えてくださった方。

この本の存在そのものが「希望」なんです、とお話しくださる方。

長年考え続けてきてわからなかったことが、この一冊を読んで答えを見つけたとおっしゃる方。

震災に遭った故郷に思いをはせ、特別な思いで読みましたと本を紹介くださる方。

本が好きでなかったらこの本には出合わなかったかもという方。

やはり本は「希望」につながっていることを、この本で改めて感じましたという私。

本当はもっと皆さんのその本への想いを書きたいところですが…
どうぞ読んでみてください。そしてブッククラブに参加して想いを語り、受け止めてください。
本以外の話題にも脱線しつつ、あっという間の2時間でした。

CIMG3172.jpg

ブッククラブには今回初めての参加ながら、前回の紹介本リストを見てこれまで読んだことのない作家に出会ったという方がいらっしゃいました。よい出会いだったようです。ブッククラブをやっていて本当に良かったと思った瞬間でした。

紹介された本は図書館蔵書検索サイト「カーリル」の図書館ネットのページにある“読みたいリスト”に載せています。そのリストから簡単に神戸市立図書館の蔵書検索サイトに移れて蔵書状況がすぐにわかります。過去のブッククラブでの紹介本は“読んだリスト”に移動しています。こちらもワンクリックで蔵書検索ができます。初めての本、初めての作家に出会うためにもご利用ください。
(申し訳ありませんが、IDおよびログインパスワードは図書館ネット会員のみにお知らせしています)

さて、参加申し込みが少ない時、私は紹介本を2冊用意していくのですが、結果として今回は8名の参加。2冊紹介しなくてもよかったかもしれません。皆さん泣く泣く(?)1冊にしておられるのですものね。次回は1冊に絞り込もうと思います。

次回は4月4日(土)です。テーマ、会場は決まり次第ご案内します。図書館へのチラシ配布は2月初旬です。



参加者の感想
・久しぶりの参加でした。また新しい発見がありました。
・早速図書館で借りて読んでみます。
・今回もバラエティーに富んだ本がでて楽しかった。
・哲学、自閉症、図書館、生きる力。色々な本に出会えました。
・意見も自由に交換できて楽しかったです。
・皆さん深く読み込まれていて感心です。
・次回を楽しみにしています。
・いろんな作家の本を読みたいと思っています。
・リピーターの方、初めての方それぞれ楽しく話を聞きました。脱線もまた楽し。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク