神戸市立中央図書館震災関連資料室

1月17日は私たちにとって忘れられない、忘れてはいけない日です。
20年前のあの日、神戸をはじめとした阪神淡路地区を襲った未曾有の地震とその後の震災。

神戸市も今では震災を経験していない住民が増えました。だからこそ、語り伝えていかねばなりません

神戸市立図書館には「1.17文庫」という震災関連資料のコーナーがあります。
1.17文庫

資料リスト(索引)が作られていますので、すぐに調べることができます。またいくつかのキーワードを抜粋してのリスト群も作成されています。

兵庫県立図書館には震災関連資料のフェニックス・デジタル・ライブラリーもありますし、神戸大学付属図書館の震災文庫もあります。収集し、保存し、利用し役立てるという図書館の大きな働きがそこにあります。

また、神戸市は段ボール箱6000箱にものぼる震災関連資料を整理できたものから順次公開していく予定です。神戸市は1999年、震災関連公文書を永久保存することを決め、公開に向けて準備してきました。市政情報室に目録を設置します。
目録が作成できたものはまだ一部です。これからも公開に向け努力は続きます。

さて、
神戸市立中央図書館2階には「震災関連資料室」があります。20年を機にリニューアルされた資料室をご紹介します。

CIMG3227.jpg
資料室入口

CIMG3229.jpg
地震発生時刻のまま止まった時計と当時図書館に掲げられていた市章

CIMG3230.jpg

CIMG3231.jpg

CIMG3233.jpg

CIMG3234.jpg

CIMG3232.jpg
資料のリストがテーマ別に並んでいます。


今日は祈りの一日です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク