来年度からの学校司書配置について(市長ブログから)

昨年10月に神戸市立小学校20校、中学校10校にモデル配置された学校司書さん。
来年度以降も継続して配置していただくよう、要望書を提出してお願いしたことは、皆さんにご報告しました。

まずは、当初予算案に計上されるのかどうか、予算案の公表を今か今かと待っています。
そんな中、今日久元神戸市長がブログを更新されました。

ブログに書いていらっしゃる美知子皇后のご講演。私にとっても印象深いものでした。何度も繰り返し拝見しました。市長さんもおっしゃっていますが、本当に心に響くお言葉の数々です。

久元喜造 オフィシャルブログ

そして…「子供たちに読書の習慣を身につけてもらう上で、 学校図書館における学校司書の役割は重要です。<中略>来年度は、引き続き、予算措置を講じ、最終的には全ての小学校・中学校に配置していきたいと考えています。」と書かれています。

よかった! 
予算案が出れば、内容についても詳しいことがわかると思います。またご報告しますね。

この後、市会での審議を経て、予算案が通ればモデル配置から本格的な配置になります。これからの動きにも注目して行きたいと思います。

学校司書さんの人数が増え、受け入れる学校も増えれば、課題も今以上にたくさん出てくることでしょう。
学校司書さんはもちろん、教育委員会の皆さん、学校の先生方のご苦労はいかばかりかと思いますが、神戸の子どもたちのためにどうぞよろしくお願いします


子ども時代に本の世界を知ることがどれほど大切なことか。どれほどの宝物になるか。家庭で、学校で、社会全体で子どもたちの読書環境を支えていかなければなりません
私たちも、家庭文庫・地域文庫活動、学校図書館ボランティア、図書館読み聞かせボランティア、拡大文字本ボランティアなどそれぞれの立場で、子どもたちの読書を支え続けたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク