機関紙16号から

機関紙「神戸・図書館ネットワーク」16号を発行しました。

・第7回KOBEブッククラブ(4月4日開催)案内
・主催講演会(4月25日開催)案内

・第6回KOBEブッククラブの報告
・伊丹市立図書館ことば蔵見学会報告

・神戸市立図書館協議会傍聴記
・要望書提出報告
・自動車図書館体験
・研究会、学習会参加報告

      など、今回も盛りだくさんです。

図書館ネット主催講演会
「伝えたい! 神戸の図書館からのメッセージ」は神戸市立中央図書館との共催行事です。
4月25日開催予定です。詳細は改めてご案内します。


さて、毎回のお楽しみ「展示拝見」を転載します。今回初めて機関紙の原稿を書いた感想を聞いてみなくちゃね!

=展 示 拝 見=
              垂水図書館 展示コーナー 
  「本が悲しんでいます」~本たちの声を聞いてください~
 今年の夏だったでしょうか?図書ネットに賛助会員として入会しました。まさか原稿依頼があると思わずに・・・。こうして原稿を頼まれて初めて、図書館を隅々まで見渡してみました。テーマを決めて本を集めたり、新しく入る本を紹介したり、神戸市の広報紙や各種案内チラシを置いたり、利用者の皆さんが快適なひと時を過ごせる様に工夫されています。 年末の展示は「本が悲しんでいます ~本たちの声を聞いてください~」でした。
傷んでいる本を展示し、本が喋っているかの様に本のそばに吹き出しの紙が置かれていました。
・「水に濡れてページがベコベコ。本は水に弱いんだ。濡らさないように気をつけてね。」
・「セロハンテープでページを治すと、時間がたつと茶色くなっちゃうんだ。修理はスタッフに声をかけてね。」
その他に、かじられてボロボロになった本・ページを切り取られた本が喋っていました。展示ケースの上には「お願い 図書館の本はみんなのものです。大切にしてください。落書き、線引き、切り取り等はおやめください。後の方が気持ちよく利用できるようにご協力をお願いします。」との掲示もありました。
 周りも見てみました。つい先日、クリスマスの本がずらりと並んでいた「児童書コーナー」には、お正月の本が並び、飾り付けもすっかりお正月!切り替えの早さに感心しました。
 そして、今まで児童書コーナーへ行く時に、いつも前を素通りしていたコーナーが、今日は目に留まりました。「YヤングAアダルトコーナー」です。「おとなもこどももYAも あさのあつこの世界」と題して、あさのあつこさんの本が集められていました。
「わが街再発見コーナー」は、各図書館が、その地域の特色を生かしたテーマの本を揃えています。垂水のテーマは「魚・リビング」。海あり山あり酒蔵あり!の神戸ならではの楽しいコーナーだと思いました。
何を読んだらいいか分からない方、読みたい本が見つからない方も、ちょこちょこ図書館を覗いてみたら、興味を引く本が見付かると思います。時々変わるテーマに沿って展示される本を見ていると、読みたくなる本がきっと見つかります。
 (おはなし会の準備に追われて図書館に行くだけではなく、もっともっと図書館と仲良くなろう!そして図書館で癒されたい!)と思った年の瀬のひとときでした。
                       (村上)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク