被災者を支援する図書館

公共図書館が被災者の支援のために、蔵書の一部をコピーしてファックスやメールで送れることになったとのことです。
本来は著作権者の許諾が必要ですが、権利者団体が賛同、協力の方針を
出したことによります。
日本図書館協会が「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」で訴え、賛同の発言があったことから、権利者団体に依頼文書を送っていたものです。

これにより、図書館が被災している地域でも図書館の情報を得ることが
できます。また、被災地での絵本の読み聞かせやお話し会の配信も可能に
なります。

被災者を支援する図書館活動についての協力依頼(日本図書館協会)
asahi.com(3/26付)

多くの公共図書館では地震や津波、原子力発電所関連の情報提供を
しています。
インターネットを利用しない方たちが図書館に情報を求めています。

がんばれ公共図書館!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク