機関紙第20号から

機関紙「神戸・図書館ネットワーク」第20号を発行しました。

今号の内容は…

主催行事お知らせ 第11回KOBEブッククラブ 
主催行事報告   第10回KOBEブッククラブ 報告 
学校図書館問題研究会との交流会 感想  
大子連公開講座「未来の図書館のために今、できること」感想 
第4期5回神戸市立図書館協議会 傍聴記 
夜景のキレイな未来型図書館をつくろう!!プロジェクトへの提案 
神戸・図書館ネットワーク2015年度活動記録まとめ 
情報、レファレンスこぼれ話Vol4 
展示拝見 ~中央図書館1階~ 


ブッククラブも順調に回を重ね、図書館協議会も欠かすことなく傍聴しています。他の団体との交流は「図書館」への理解を深めることにつながっています。
市長さんへの提案をするにあたっては、図書館ネットとしての考え方を改めて確認することができました。
それらを会員それぞれの目線で報告しています。

そんな中からいつものように「展示拝見」をお届けします。
(機関紙では写真も掲載しています。)



=展 示 拝 見=  中央図書館1階
~1階ロビーパネル展示「『図書館ナビ介護編』ご利用ください!!」~
 中央図書館調査相談係では様々な配布物を作成されています。
『図書館ナビ 介護編』はもともとA4の用紙ですが、それを大きくし展示していました。一口に介護の本と言っても広い図書館のどこを探したらよいのか分かりません。ナビには本の背中のラベルの分類番号を見るようにと案内があります。分類番号36と49で始まる本が多いのが分かります。分類番号は慣れていないとわからないのでこのように説明してくださると助かります。しかし実際に介護されている方、している方が図書館を訪れるのは難しく、どのように本を届けるかが問題だなと感じました。

~ 1階児童コーナー 「はじめてであう本」 ~
 赤ちゃん向け絵本の展示です。せいかつ、どうぶつ、たべもの、のりものなどジャンル別展示されていたので、とてもわかりやすいです。0~2才向けに作られた冊子「えほんの小箱」がリニューアルされましたので、それに関連して展示されているのかなと思いました。読み聞かせで使おうと赤ちゃん絵本を見に行ったのですが、ほとんど貸出中でした。このように絵本の表紙が見えるように展示されていると、忙しいお母さんたちも手に取りやすいですね。

~ 1階展示コーナー  「開港はじめ物語」 ~
 昨年末から神戸開港150年に沿った展示が続いています。今回は開港に焦点を当てています。まず下田、函館が、続いて神奈川、長崎、新潟、兵庫と開港されていきました。各地の様子が分かる資料が展示されています。そして1868年におこった神戸事件のことが詳しく紹介されています。明治新政府が備前藩に西宮の警備を命じ、部隊が三宮付近に差し掛かった時、外国人水兵数名が行列を横切りました。怒った備前藩隊員が水兵に切り付けたことが国際事件となりました。この責任を取り備前藩の滝善三郎という人が切腹させられました。滝さんは事態を収束するために犠牲になられたのでしょう。まだ32歳でした。行列を外国人が横切った場所が今の三宮神社であることが紹介されていました。三宮神社は大丸百貨店前の信号を渡るとありますが、あの華やかな場所にそのような歴史があるとは知りませんでした。この神戸開港150年に関係する展示はまだ続くのでしょうか。今後も楽しみです。
              (神戸・図書館ネットワーク賛助会員 柴野)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク