第4期第6回神戸市立図書館協議会

1週間以上前の協議会の報告です。

実は、拡大文字本を作るボランティアをしているのですが、夏休みの読書感想文全国コンクールの課題図書3作品の依頼を受けていました。、とにかく夏休み前に完成させなくてはならなくて、メンバー一同2カ月間突っ走りました。
ようやく2校に3作品(28巻です!)を送り届け、ほっとしたところです。

ということで遅れていた報告を…。

日時:平成28年7月8日(金)15:00~17:00
場所:神戸市立中央図書館4階研究室
出席委員:8名
傍聴:10名

今回の傍聴者は定員いっぱいの10名。2名は図書館ネット以外の方です。

4月に中央図書館の体制が新たになって初めての協議会です。笹井新館長からご挨拶がありました。
行政のミッションとして教育委員会は「教育日本一の街」、神戸市は「若者から選ばれる街」を掲げており、そのミッションをはたすために図書館として新たな価値を創造していきたい。図書館の機能の中で社会的アーカイブが重要な機能と考えていると力強くお話しくださいました。

具体的な数字などの詳細は中央図書館HP協議会のページに掲載の配布資料をご覧ください

事務局から報告
平成27年度利用実績および平成28年度見込みについて
 ・自動貸出機は全巻での導入完了
 ・副本 全館で55冊→1館3冊、上限33冊に変更
 ・予約可能件数 インターネットとカウンター受付合計20冊までに変更

議事
①平成27年度図書館事業評価(案)について
 図書館事業の目的と行動計画、その評価指標が示され、実績の説明と図書館の自己評価が書かれています。
 委員から次のような質問や意見が出されました。
・返却しやすいことが利用者の借りやすさにつながる
・予約本受け取りコーナー(返却も可能)の広報が行き渡っていない
 ホームページはみない人も多いのではないか
・書店での返却を提案していたが実現していないのはなぜか?
・児童養護施設に聞き取りをした要望の内容は?

 事務局からの回答
・谷上駅の返却ポストの実績が伸びなかったため書店への返却ポスト設置の予算を計上できなかった。
  →委員からはそもそも谷上駅の返却ポストの設置場所がわかりにくい、乗換乗客は通らないところにあると指摘
・予約本受け取りコーナー、返却場所について広報の仕方を検討する
・児童養護施設について図書館の既存サービスの中で提供できるものはないかと考えていたが、団体貸出しなどは施設側の手間が増えるだけとのお話だった。

②平成28年度事業計画について
図書館事業の目的と行動計画、その評価のポイントが挙げられています。
事務局から、前回の協議会での委員の指摘を踏まえ、評価のポイントに利用者、参加者の声を入れたとの説明
委員から、重点事業は特に広く広報することで利用につながるとの意見

③第4期図書館協議会協議内容について
これまでに公表されている議事録を基に「4期協議のまとめ」を出すことになりました。



傍聴の感想
今期最後の協議会でした。何か一つの課題についての答申を出すということはありませんでしたが、毎回活発な意見交換がなされたと思います。事務局とは別に配布資料を用意される委員もいらっしゃるのです。今回も出席された委員すべてが発言されていました。

笹井館長は「予算を取ってくるのが私の仕事」とおっしゃっていました。協議会で出た意見を実現するためにも、予算を取るのは大切なことです。神戸市にも議会にも図書館の重要性を理解していただけるような企画力も必要でしょう。職員のみなさんの奮起に期待したいと思います。

今期で協議会を去られる委員が何人かいらっしゃるとのことです。大月先生もそのおひとりです。長らく続けてこられた「鴨の子文庫」を閉じられたと聞きました。「図書館の働きが充実してきたことも文庫を閉じると決心することの要因の一つ」と最後のご挨拶でおっしゃっていました。1960年代からの文庫活動が今の公立図書館の充実(まだまだ課題はありますが…)につながったのですね。大月先生、本当に長い間ありがとうございました。これからも私たちにご助言いただけると嬉しいです。

委員の方から「毎回これほど傍聴者がいるということはこの協議会にとって大切なこと」との声もありました。私たちにできることは小さなことですが、しっかり傍聴しみなさんにご報告していきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク