学校図書館問題研究会兵庫支部との交流会(2017年)

学校図書館問題研究会とこうべ子ども文庫連絡会との交流会は毎年この時期の開催が恒例です。
今年は2月26日に開催されました。文庫連から4名参加、うち3人は図書館ネット会員でもあります。

テーマは学びと出会いを広げる技
「学校図書館について学校司書、市民それぞれの立場から情報交換や意見交流をしましょう」が目的です。
実演と実践報告のあと、各地の状況が報告されました。

会場は灘中学校・灘高等学校図書館。

学図研交流会3

灘中・高校の図書館をお訪ねするのも3回目になりました。

学図研交流会2

参加者のなかに、宝塚市のボランティアの方もおられました。実践報告をされた学校司書さんの応援に来られたとか。司書さんとボランティアの関係がうまくいっているからこそのことですね。

こうべ子ども文庫連の2人がストーリーテリングと読み聞かせの実演をしました。いつものようにロウソクを灯して…。
やっぱりストーリーテリング、好きだな。

続いて実践報告。学校司書になって4年という若い学校司書さんが報告してくださいました。
「つながり」に支えられた毎日のお仕事の様子を詳しくお聞きしました。
先生に学校図書館を授業で活用してもらうための工夫とコミュニケーションの大切さを感じました。
学期ごとに各学級担任あてに「資料提供について」というプリントを配布されています。国語科の各単元ごとに準備できる参考図書をリストにし、リスト以外の本も希望が書ける欄を設けています。これなら、先生方も頼みやすいだろうなと思いました。

次は実技工作。毎回子どもたちが喜びそうな工作を紹介してくださいます。今回は「パクパクパペットとり」と「クリップキャッチャー」を作りました。
短い時間でできるようにご準備いただきありがとうございました。

休憩をはさんで、情報交換と意見交流です。
学校司書さんや司書教諭の皆さん、ボランティアの方々が自分の地域の学校図書館の状況を報告し、直面している課題について情報交換をしました。

自治体によって学校図書館職員の体制や勤務状況は違っています。研修がほとんどなかったり、職員間の交流がないところもあります。さまざまな制約があるなかで、子どもたちのためにひとりひとりが努力を重ねています。
時には無力感に襲われながらも、頑張れるのは何故なんだろう? 私自身、どうして続けてこれたのか…。きっと学校図書館に救われた子ども時代があったからなんでしょうね。
そして、この交流会のように前向きな人たちに出会うことが、次への力になっています。

この場を設けてくださった学図研兵庫支部の皆さんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク