FC2ブログ

国立国会図書館関西館見学会

梅雨真っただ中の7月2日(火)、国立国会図書館関西館の見学に行ってきました。
九州での豪雨の被害が伝えられる中、大雨を覚悟していましたが曇りの一日となりました。
会員外の方も含め12名の参加でした。

わたしの自宅からは2時間半余り。もっとかかった会員もいましたが、電車の移動は結構楽しいものです。

館内の写真撮影は許可されていないところが多く、あまり写真はありませんが雰囲気が伝わればと思います。

さて、バスを乗り継いで到着です。
DSC_0017.jpg

DSC_0016.jpg

玄関を入ると、守衛さんがいらっしゃいます。
入館するには登録利用者カードか、一日のみ開架資料だけを利用できる当日利用者カードを発行してもらう必要があります。私たちは見学なので、登録はしないで守衛さんに職員さんを呼んでいただいて入館しました。

DSC_0013.jpg
(エントランスにあった模型です。全体像がよくわかります)

館内はシンプルかつモダン。こんな感じです。設計は陶器二三男さん。ガラスと緑をコンセプトに、北向きの柔らかな自然光を取り入れ、屋上緑化では元々あった雑木林と同じ種類の木々を使っているそうです。
DSC_0014.jpg

2002年10月に開館した関西館は地上4階、地下4階。所蔵能力600万冊がすでにほぼ満杯
今後、所蔵能力を2000万冊まで拡大する予定で、現在南側に書庫棟(500万冊)を建設中(2020年2月完成予定)ですが、これも15年程度で満杯になるとのことです。
所蔵能力は1冊の厚さを3センチとして計算されています。

国会図書館の名の通り、国会(立法府)に属する図書館で、900人弱の職員のうち180人は国会議員への直接サービスに従事しており、その他の職員は間接的に議員をサポートしています。
年間3万6千~4万件の議員からの依頼調査、300件の予測調査を行っており、その報告書は冊子の形になるそうです。

国立図書館としては、法定納本制度によって出版物を広く収集し、保存しています。(これはよく知っている内容ですね)
見学者から除籍基準を質問されることがよくあるそうですが、除籍することはなく永久保存しています。そりゃあ、すぐ満杯になるはずです。

関西館が建設されたのは所蔵能力を高めることが大きな理由ですが、その他にも当時すでに懸案となっていた電子図書館構想を実現するためでもありました。関西館には電子図書館課が設けられ、平成10年から貴重本を中心に電子化を進めています。
また関西館独自のものとしてはアジア情報室があります。

一般利用者へのサービスは、来館利用サービス、遠隔サービス、館館サービス、複写サービスなどがあります。
利用されたことがある方もいらっしゃるでしょう。わたしは複写サービスしか使ったことがありませんが…。

さあ、一通りの説明を受けた後、閲覧室、書庫へと向かいます。

書庫は本当に広くて、先が見えないほどです。126メートルあるとおっしゃっていました。
DSC1

多くの職員の方が働いていらっしゃいます。図書館って、見えないところの仕事が多いんですよね。

一部、自動書庫も運用されています。返却作業を見ることができました。
1923年9月以来の博士論文もすべてこの自動書庫に保存されているそうです。そうです。関東大震災以前のものは火災で焼失してしまったとのこと。火災は本当に取り返しがつきません。
DSC2.jpg

DSC5.jpg

DSC3.jpg

そこで、防火設備も整っています。水は使えないので、窒素を使用するそうです。館内は防火扉で細かくブロック分けし、避難を確認してから窒素を噴出させる仕組みです。

国会図書館関西館2

閲覧室は写真撮影が許可されないので残念ですが写真はありません。
この日は曇りだったので自然光では照度が足りないので、間接照明で光を足していました。天井を見ると光の幾何学模様が現れていて、気持ちが落ち着きます。

新聞や雑誌の多さに驚きます。それが硬軟取り混ぜてならんでいます
書店でよく見るファッション誌の横に、学会誌や業界誌が並んでいます。茶道を習っていたときに読んでいた「淡交」があって懐かしかったなあ。
開架書架には国会図書館独自の分類法で配架された数々の本たち。日本語と外国語の本が一緒にならんでいるのは、なかなか見たことのない光景です。ブラウジングの楽しさを堪能できそうです。自分の関心がどこにあるのか、開架書架をながめていて見つけることってよくあります。
「ひと晩ここで過ごしたい」という方がよくあるそうです。私もみんなと一緒の見学会でなかったら、何時間でも閲覧室で書架をながめていられそうでした。

はじめに説明を伺ったお部屋には昔の閉架図書館にあった分類カードを収納する棚が置いてありました。
写真を撮っても、触れてもいいということで、大喜びで写真を撮りました。
大学の図書館が完全閉架図書館だったので、こんな棚で分類カードをさがしたものです。司書さんなしではとても目的の本は見つけられませんでした。

国会図書館関西館3

国会図書館関西館1


DSC_0011.jpg

帰りには踏切のトラブルで乗っている電車が30分も止まってしまうというアクシデントがありましたが、無事神戸に帰りつくことができました。
長時間ご案内いただき、ありがとうございました。
守衛さんにもいろいろお話を伺い楽しかったです。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク