FC2ブログ

これからの学校教育と読書・学校図書館活用(大子連公開講座)

大阪府子ども文庫連絡会(大子連)の公開講座に行ってきました。

これからの学校教育と読書・学校図書館活用
講師:鎌田和宏氏  (帝京大学教育学部教授)
日時:2020年2月18日(火)10:00~12:00
場所:大阪市立中央図書館

小学校教諭の経験を経て、教育方法(情報リテラシー教育・授業研究)、社会科教育を研究、学校図書館を活用 した授業の授業研究に取り組んでこられました。学校図書館を研究している方は国内に40名あまり。多くは図書館情報学系の方で、教育学系の研究者は10名くらいなのだそうです。

山形県鶴岡市立朝暘第一小学校、島根県松江市立揖屋小学校(旧八束郡出雲町)という学校図書館活動で有名な学校の実践の報告は、もう目を見張るばかりです。(皆さんも読んだり聞いたりしたことありますよね?)

圧巻だったのは、鎌田先生が小学校で担任をされたお子さんのお話です。小学校1年生の初めのころのたどたどしい作文が、「これを小学生が書いたの?」と目を疑うような文章に変わっていくのです。先生は朝暘小学校を訪ねた後、ご自分のクラスで実践されたそうです。豊富な読み聞かせの中で、読書習慣を身に着け、子どもの好奇心を大切にして、繰り返し情報リテラシーを育てる指導を行い、学校図書館を利用する力をつけていくこと。作家の文章を読み、それにならって作文を書くうちに、自分の文章が書けるようになるのです。

日記という形で日常を綴り、些細な疑問を本を駆使して調べ、それをまた文章にする。読むだけではなく書くことをしっかりやっている子は伸びていくのです。

読んだら書く。その繰り返しが、多くの情報の中から必要な情報のみを抽出する力になっていくという例をいくつも見せていただきました。
本よりインターネットと言われる昨今ですが、学校図書館をしっかり使えている子どもたちからは「インターネットは断片の情報でしょ。本はまとまりの情報だよ」という声が上がるそうです。

先生は読書には「楽しむための読書」と「知識・情報を得る読書」があり、生き方を育てる読書へと育てていかねばならないとおっしゃいます。それはいろいろな本を読んで判断する力を得るということです。
私事ですが、息子たちが小さいころ、絵本には「おかずの本」と「おやつの本」があるねえと言っていたことを思い出しました。おやつだけでもダメだけど、おかずばかりでは面白くない。おかずとおやつの両方があってあなたたちの頭と体はつくられるんだよ…と。

学力テストは今必要な力を確かめているだけ。読書は自分の興味と関心に基づく課題を見つけ解決する力を養う未来を拓く力となる。私の胸に響いた一言でした。

最後に、学校図書館活用教育を成功させるための7つの鍵をどうぞ。
①魅力的な学校図書館の構築
②資料を探しやすい学校図書館環境の整備
③教育課程に対応した学校図書館コレクションの構築
④利用指導の実施
⑤教育課程への位置づけ
⑥前提となる読書指導
⑦学校組織の再編と研究・研修への位置づけ



神戸市の学校関係者、教育委員会、市会議員のみなさんにも聞いていただきたいなあと思いました。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク