「平家物語―清盛の見た夢―」(資料展示)

神戸市立中央図書館の1階ロビーで資料展示が行われています。
「平家物語―清盛の見た夢―」(11月25日まで・最終日は16時まで)

神戸市では「KOBE DE 清盛2012」と銘打った大キャンペーンが展開されています。
http://kobe-de-kiyomori.jp/

市立図書館でも秋の読書週間にあわせ、清盛関連の行事をたくさん実施しました。この展示もその一環です。
中央図書館にはもともと「神戸ふるさと文庫」という地域資料文庫がありますが、平家物語や平清盛の関連資料を増強し、資料リスト等を作成、公開しています。中央図書館ホームページでご覧になれます。

神戸ふるさと文庫
平清盛と神戸

あなたの知らなかった神戸の歴史に出会えるかも・・・。



CIMG0985_convert_20111122014011.jpg

源平ゆかりの地 神戸の史跡
清盛の見た夢2

絵巻物の写真と丁寧な説明文
清盛の見た夢3

清盛ってどんな人だったの?
清盛の見た夢4

昔の本は巻き物だったんですね 和綴じの本にも心惹かれます
清盛の見た夢5

いつもlは中央図書館の書庫で静かに眠っている「兵庫築島伝」
清盛の見た夢6

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感謝。

いつもお世話になっております。

私は行けなかったのですが、先日の、今年の「図書館総合展」。
Library of the year 2011 に選ばれたのは、長野県の小布施町、
「まちとしょテラソ」というユニークな図書館が選ばれた、と聞きました。

その事を知ったのは、岐阜県の中津川市で開催された、まちとしょ
テラソの花井館長さんの講演会が、インターネットで中継されると聞
いて、それを拝見したからでした。17日の木曜のことです。

本当に刺激的なお話に満ちた2時間でした。 「わくわくどきどき
にぎわい図書館」。
 http://www.ustream.tv/recorded/18569767
こちらで、今でも、見ることが出来る筈です。

などと、こちらに書かせて頂いたのは、離れた飛騨でも、こうやって
ネットに写真をあげて頂けると、距離があって、簡単には拝見しに
行けない所にいる者にとっても、展示のさまを見せて頂けるという
のは、本当に有り難いことだと実感できるからです。

でも、何事につけ、ではあるのですが、いつでも行ける所のことは
意外に行きそびれたりする事が多いものなのですよね。
ともかく、本当に助かっております。有難うございます。

Re: 感謝。

いつも当ブログを訪ねていただきありがとうございます。

> 本当に刺激的なお話に満ちた2時間でした。 「わくわくどきどき
> にぎわい図書館」。
>  http://www.ustream.tv/recorded/18569767
> こちらで、今でも、見ることが出来る筈です。

見ることができました。しっかり時間をとって拝見します。

少しでも神戸の図書館の様子をお知らせできればと思います。
地区館の様子ももっとご紹介したいのですが、なかなか行けない地区館もあります。
神戸はやはり広いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク