灘・垂水・西図書館の指定管理者候補選定

記者発表があったのは10月26日です。
指定管理者制度が神戸市立図書館に導入されることが決まったのが4年前のことでした。
来年4月からの新たな4年間、灘・垂水・西の3図書館を管理運営する事業者の候補が選定されました。3館とも現在と同じ事業者である「神戸新聞・TRCグループ」です。
2月の市会での審議を経て指定される予定になっています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/institution/institution/library/shotou/img/303.pdf

同じ業者が指定されることで大きな変化はなく、業者がたびたび変わることでのデメリットは回避されると思います。が指定管理者制度そのものの問題は残ったままです。その問題を最小限にするべく、神戸市、神戸市教育委員会、神戸市立図書館の一層の努力をしていただきたいと思います。

私たち図書館ネットはいかなる体制になろうとも、常に神戸市立図書館のファンです。利用者として、市民として、応援していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク