図書館員さんとの交流会(2017年度)

恒例の図書館員さんとの交流会こうべ子ども文庫連絡会と神戸・図書館ネットワークの共催で今回が25回目の開催です。
毎年、お忙しい中お時間を割いてくださっている図書館職員の皆さまにお礼申し上げます。

日時:8月18日(金)10:30~12:00
場所:中央図書館研究室
図書館から総務課長、利用サービス課長、企画情報担当課長、企画情報担当係長、市民サービス係長、子どもサービス担当係長、子どもサービス係員の7名。
文庫連、図書館ネットからは19名が参加しました。

夏休み特別おはなし会(8/1)の振り返り
 文庫連が中央図書館との共催で毎年行っています。
 毎年新たな課題が生まれるようですが、回数を重ね、図書館と文庫連とのコミュニケーションもうまく運んでいるようです。

図書館で活動しているボランティアからの報告
 文庫連所属のグループが中央、北、三宮、須磨、垂水、灘、兵庫の各館でおはなし会のボランティアをしています。
 地区館それぞれで職員の方のかかわり方に多少違いがあるようですが、どこの館でも職員さんとボランティアが協力しておはなし会を運営している様子がわかります。また同じ地区館で活動している文庫連に所属していないグループとの交流も進んできているようです。

 関連して、
 ①神戸市の図書館としておはなし会の指針はあるか、あれば機会をとらえてボランティアに示してほしい
 ②ボランティアグループに絞った研修会をしてほしい
 ③各館でおはなし会についての職員の情報共有はされているか
 ④地区館でのおはなしグループの募集について、図書館がおこなう小学校でのおはなし会のボランティア募集について

などの質問と要望が出されました。
 
 子どもサービス委員(図書館職員)を中心に情報を共有していること、生涯学習課が開催している読み聞かせ人講座のスキルアップ講座に図書館お話しボランティアの参加を推奨していること、指定管理者職員が読み聞かせ人講座を見学していること等、丁寧にご回答くださいました。
 また、中央図書館で確認できていない事柄については早急に確認するとのことでした。

 図書館のおはなしボランティアは、それぞれのグループの個性を生かして活動しています。それはとても大切なことです。しかし、図書館でボランティアをすることの意味や目的に一定の共通理解と、一定のスキルが必要であるというのが文庫連の考え方です。
図書館としても大きな枠組みでは同様のお考えだと思います。
 文庫連以外のグループを交えた話し合い、交流の場が必要だと感じます。

返却ポストの廃止について
 市内3カ所に設置されていた返却ポストが廃止されましたが、 とくに舞子公園駅のポストがなくなったことで明石市立図書館に利用者が流れているとの指摘がありました。
 利用数が伸びなかったことが廃止理由とのことですが、舞子公園駅の利用数は多かったとの発言もありました。廃止は残念との声が多数挙がっていますが、図書館では廃止に対して利用者の反応はほとんどなかったとの判断とのこと。声を届けることのむずかしさを感じます。

 もともと返却ポストの設置がすぐに貸出数に反映されるとは言えなかったわけで、目標数がいくらだったのかも示されないなかでの急な廃止はなかなか納得できません。
 図書館サービスは成果を数値で表すのが困難な事業です。返却ポストが廃止された理由を聞くと、図書館の予算確保はいつも綱渡りなのだと実感します。財務当局を説得できる力を持っていただきたいと激励するとともに、もっと利用者が声をあげて、図書館職員の頑張りを後押ししなければいけないのだと思います。

傷んだ本を図書館に知らせることについて
 私たちのように図書館をよく知っている利用者は汚破損本を職員に知らせるが、多くの市民が知らせたほうがいいということに気づいていない。返却カウンターに「傷んでいる本があったら知らせてください」と書いてあるだけでも違ってくるのではないかとの意見に、検討するとのお返事をいただきました。
 会員からは、辞書のページ脱落を知らせた際すぐに対応してくださったことのお礼が述べられました。

市民担当窓口について
 市民にとって様々な要望、意見を職員に伝えるのは思いのほかハードルが高い。担当職員を置いて一元的に市民の意見を集めて対応してはどうかとの要望に、各館職員に届いた意見要望は、中央図書館に届く仕組みになっている。館長への手紙の制度もあるので利用してほしいとのことでした。
 職員に話しにくいと感じる人も多く、話したことが中央図書館に届いていないことも散見される。館長への手紙のポストは見たことがないとお話ししました。
 強硬なクレームなど対応に苦慮されることも多いと思いますが、そのような大きな声にかき消されている小さな声を拾い集めていただきたいと思います。

西図書館機能拡充について
 西区役所移転に伴う拡充についても三宮図書館移転と同じく、具体的なことは検討中。
 三宮図書館の移転場所は年内には決定の予定。

大人へのサービスについて
 児童サービスに比べて、大人とりわけ利用が多い高齢者へのサービスが少ないと感じるがどういうサービスをしているか。
 大人のためのおはなし会や大人の一日図書館員の行事が盛況。図書館ナビなどで必要な情報へのアクセスを支援しているとのことでした。
 高齢者サービスは障がい者サービスに通じます。イベントだけではない日常の利用の面での読書支援をお願いしました。


交流会では質問や要望が多くなりがちなのですが、図書館の職員の皆さまへのお礼を申し上げることができました。
①学校図書館、学校司書への手厚い支援について
 生涯学習課が担当ですが、図書館の支援がなければ成り立ちません。お礼申し上げます。
②中央図書館の絵本
 さまざまな工夫により見やすくて探しやすい配架になっています。ありがとうございます。
③図書館とよい関係ができている地区館
 ボランティアである私たちと各地区館では立場を超えて協力関係が築き上げられつつあります。
 これからもよろしくお願いします。


埜納タオ氏講演会のご案内

「夜明けの図書館」というレファレンスを題材にした漫画があるよ、と聞いたのは2011年の暮れだったでしょうか。
すぐに全国の図書館と関わっている仲間たちから「読んでみて!」という声が届くようになり、私も読んでみたのでした。

そして2012年の4月に図友連の集まりに来ていただき、お話を伺うことができました。そのときもらったサインに「活動がんばってください」と添え書きしてくださいました。 はい、がんばっています!

「夜明けの図書館」も現在第4巻まで発行されています。図書館、レファレンスを通して人のつながりの大切さに気付かせてくれる素敵なエピソードが満載です。

今回、その埜納タオさんを図書館ネットにお迎えして講演会をします。チラシのために自画像を書いてくださいました。ありがとうございます。
是非、埜納タオさんに会いに来てください。

講演会
図書館との出会い
講師:埜納タオ氏
日時:平成29年9月30日(土)
    14:00~16:00
場所:兵庫県j立生活創造センター セミナー室
参加費:無料


チラシ表

チラシ裏

申込方法
住所、氏名、電話番号を明記し、E-Mail・FAXにてお申込みください
(お書きいただいた個人情報は、講演会等のお知らせ以外には使用いたしません)
E-Mail:toshokan-net@live.jp
FAX:078-997-1981(大西)

第5期第3回神戸市立図書館協議会

図書館協議会を傍聴しました。

日時:平成29年7月20日(木)10時~12時
場所:神戸市立中央図書館4階研究室
出席委員:8名
傍聴:2名

前回の図書館協議会(3月23日開催)は傍聴できず、湯浅先生のミニレクチャーを聞けなくて残念でした。
図書館ネットとしては、他のメンバーが傍聴し機関紙「神戸・図書館ネットワーク」に報告記事を掲載していますが、ブログには報告が書けませんでした。ごめんなさい。

今回から委員となられた方々がいらっしゃることから、自己紹介からはじまりました。和やかな感じです。

事務局からの報告
平成28年度利用実績および29年度利用見込み
 「おきしお基金」からの助成が昨年で終了し、図書購入費が2900万円の減額となっているため、購入図書数見込みが減っているとの説明。
 経常予算としての図書購入費は減額されることなくほぼ横ばい。
 委員から雑誌の購入についての質問。購入数は減らさない方針との回答あり。

議事
①28年度神戸市立図書館事業評価について
 目標と計画に基づいた実施事業に関しての図書館自己評価について、前回協議会で協議会として意見を述べ評価されたものを一覧として示された。ほぼすべてA評価。委員自身から「ちょっと甘いかな」との声が漏れた。

事業評価の議事のなかで、学校図書館支援に関連した話題が出ました。
委員から、学校図書館に関して先生方の理解がない、学校図書館の活用しきれていないとの指摘がありました。小学校の校長先生でもある委員からは、先生方の忙しさについての話もありました。
学校司書配置を担当した職員から、「学校図書館活用神戸モデル」を作成していることなどの説明されました。

学校図書館に関しては、先生の理解が進むかどうかが課題であることは、私たちも当初から言ってきました。教育委員会の皆さんはその点を十分承知しておられ、研修会や報告会など開催し学校図書館を活用した授業の具体例を先生方に知っていただく機会をつくっていらっしゃいます。

委員から、公共図書館として学校図書館を支援するには、教員に対するサービス(支援)があったらいいのではないかと意見が出ました。学校図書館法にも触れ、学校図書館が教員へのサービスも使命としていることを再確認されました。


②29年度の図書館事業計画について
 それぞれの事業に対して、目標と行動計画と評価のポイントが示された。 

 委員から「そろそろ電子書籍の導入を計画に入れてはどうか」との意見。
 それに対し図書館側から「電子書籍の形式についてはまだ流動的であるが、図書館職員が電子書籍トライアル(TRC―DL、Over Drive)を実施。ディスカバリーサービスについても体験予定におしており、慎重に検討している」との回答。

 今後高齢者が増え障がい者サービスが一般化すると予想される中、1年ごとの目標だけでなく、20年30年先を見据えた目標設定が必要との意見あり。

③図書館と書店・出版界との連携について
 前回協議会で出た意見をまとめ、次のような基本的なスタンスが示された。
 書店・出版関係者との情報交換会などの関係性を構築
 連携を市民に明示し、本を読んでほしい、買ってほしいというメッセージを双方が伝える 

 より具体的な「しかけ」についての例示もあり、委員からは市民に連携を伝える方法の提案や、「買う」と「借りる」の融合した新たな仕組みづくりの提案があった。
 また湯浅先生から資料配布と説明があった。

その他
 三宮図書館の利用者アンケートについて
 神戸市立三宮図書館移転に係るコンサルティング業務委託の一部として実施されたアンケート・ヒアリング調査の報告があった。
 
 委員からは、アンケートからわかる三宮図書館の利用者の特徴を踏まえ、ビジネス支援の高度化とともに、高齢の利用者に向けての生活支援くつろげる場としての図書館の提案があった。



神戸市立三宮図書館移転に係るコンサルティング業務委託、受託しているのはアカデミック・リソース・ガイド(ARG)です。
昨年3月に図書館ネット主催の講演会で講師をしてくださった岡本真さんの会社です。

講演会の様子はこちらをどうぞ
講演会「未来の図書館はじめませんか」ご報告

岡本さんのお話はここでもお聞きしました。2年半も前ですね。
「図書館×書店」の未来を探る著者トーク

岡本さんに初めてお会いしたのは10年以上前のことになるかな。たぶん岡本さんは覚えていらっしゃらないでしょうけど…。

誰からも何も聞いていないけど、三宮図書館の移転についてはきっと岡本さんのARG社が関わってくださるのではないかと思っていました。なんとなくの勘でしたが、当たっていましたね。



 

7月例会


日本中で豪雨による被害が出ています。福岡県、大分県は本当に大変な被害が出てしまいました。
神戸も昭和13年、昭和36年、昭和42年と大きな水害がありました。
昭和42年六甲山系号土砂災害から50年の今年、神戸市は過去の水害の記憶を風化させまいと、各戸にリーフレットを配布しました。講演会や写真展などの行事も行われています。
悲劇を記録し、検証し、それを次世代につないで少しでも被害を少なくする努力を重ねなければなりません。

いまだ行方不明者がたくさんおられ、明日の生活どころか今日どうして過ごすか途方に暮れていらっしゃる被災者の皆さんが
少しでも早く普通の暮らしに近づけるよう(元の生活に戻ることはないと悲嘆にくれていらっしゃることは承知の上で)お祈りしています。


さて、7月14日の例会報告です。

①図書館員さんとの交流会打ち合わせ
 8月18日に交流会を行います。こうべ子ども文庫連絡会と共催です。
 質問したいこと、伝えたいこと、お礼をいいたいこと等をまとめました。

②第14回KOBEブッククラブ報告、次回打ち合わせ
 7月1日に開催したブッククラブ(読書会)の報告と反省
 11月4日に開催予定の次回ブッククラブのチラシ作成担当者を決めました。

③埜納タオ氏講演会打ち合わせ
 9月30日開催の講演会について、お聞きしたいことなどを打ち合わせました。
 広報については後援申請が承認されてからになります。

④図書館協議会傍聴打ち合わせ
 7月20日開催の協議会を傍聴します。







読書会(第14回KOBEブッククラブ)ご報告

7月1日に開催した第14回KOBEブッククラブ。
今回のテーマはスポーツ
いつもにも増して、読んでみたい本がいっぱいです。

参加者は6名。それぞれ選りすぐった本たちを紹介しました。
当日参加できなかった方から託された本も…。

・一瞬の風になれ①~③(佐藤多佳子)講談社
・陸王(池井戸潤)集英社
・駆けぬけて、テッサ!(K・M・ペイトン)徳間書店
・サクリファイス(近藤史恵)新潮文庫
・銀色の絆(雫井侑介)PHP研究所
・空へ (ジョン・クラカワー、海津正彦訳)文藝春秋
・死者として残されて(ベック・ウェザーズ、山本光伸訳)光文社
・バッテリー(あさのあつこ)角川文庫
・マラソン1年生、マラソン2年生(たかぎなおこ)メディアファクトリー
・3月のライオン(羽海野チカ)白泉社
・国立競技場の100年(後藤健生)ミネルヴァ書房

CIMG4030.jpg

参加者みんなが「きっと紹介されるだろうな」と思っていた「一瞬の風になれ」と「バッテリー」
やはり紹介されました!

それ以外の本を、と考えぬいた本たちはどれも個性豊かです。
スポーツと言ってもさまざま。登山あり、陸上競技あり、自転車競技あり、競馬あり、フィギュアスケートあり…。
マインドスポーツということで将棋
を取り上げた人もいました。

ジャンルも小説はもとより、コミック、コミックエッセイ、ノンフィクションなどなど。
皆さんの読書の幅は本当に広いですね。

CIMG4028.jpg

決めていた本に納得できず、前日の夕方図書館で借りてきて、読書会開始間際に読みおえた本を「これなら!」と紹介してくださった人もいました。そこまでして教えてもらった本は読んでみなくちゃ!

第13回ブッククラブで紹介された本の中から「楽園のカンヴァス」「あきない世傳 金と銀」を読んできた方々からの感想も聞くことができました。
どの本も興味深く、もっと深く話し合うには2時間では足りないくらいです。

4か月に一度の開催は少し間が空き過ぎかもとも思いますが、毎回しっかり読み込んだ本を持ってくるためにも、前回紹介された本を読んでくるためにも、適度な間隔が必要です。これくらいがちょうどいいのかな、と思います。

紹介された本は図書館蔵書検索サイト「カーリル」の図書館ネットのページにある“読みたいリスト”に載せています。そのリストから簡単に神戸市立図書館の蔵書検索サイトに移れて蔵書状況がすぐにわかります。過去のブッククラブでの紹介本は“読んだリスト”に移動しています。こちらもワンクリックで蔵書検索ができます。初めての本、初めての作家に出会うためにもご利用ください。
(申し訳ありませんが、IDおよびログインパスワードは図書館ネット会員のみにお知らせしています)

次回は11月4日(土)14:00~の予定です。
テーマは秘密
会場は9月初旬に決定します。決まり次第当ブログでお知らせします。
図書館へのチラシ配布は9月中旬ですが、チラシのラックに出してくださるのは10月に入ってからになるかもしれません。
直接図書館ネットにお問い合わせくださっても結構です。


毎回会場が変わることでご迷惑をおかけしています。会場取りが一番の難題です。
中央図書館の後援をいただいての読書会。図書館でできればいいのですが、土日は中央図書館のお部屋を借りられないという制約がありまして…、申し訳ありません。



参加者感想

・もう少し深く話したかったかな?
・各人が、他の方と被らないように本選びをしたことが面白いと思いました。
 そのおかげで読書の幅が広がることに繋がるのですね。
・今回の自身の本も、スポーツというテーマがないと出会わなかったと思います。
・一口にスポーツといっても、皆さんいろいろな視点から本を選んで持ってこられました。
・スポーツの読みもの、マンガにはたくさんありますね。マンガも面白く深いものです。
・スポーツといってもいろいろ。さまざまなジャンルの本があって楽しみました。






最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

図書館ネット

Author:図書館ネット
一緒に図書館を楽しみましょう!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク